【最新】失業保険とUber Eats配達の知っておきたいリスク

今流行りのUber Eatsをご存じですか?

これ、面接も審査もなしに、ウーバーのバックを買ってアプリを使うだけで配達員としての給料をアルバイトのように貰うことが出来ます。

ここでポイントなのは「アルバイトのように」というところです。

どういうことかというと、ウーバーの配達員は「アルバイトではありません」。従って103万の扶養にも入りません。
「え、それってめっちゃよくない?税金かからないの??」と思う方もいるでしょう。
しかし、「もっと厳しい」というのが結論です。

もっと厳しいとはどういうことか。それは、「個人事業主」扱いになるということです。従って、38万以上稼ぐと、扶養から外れます。これが、もっと厳しいという言葉の意味です。

今回はそんなウーバー配達員に向けて、失業保険とウーバー配達のリスクをお伝えいたします。

この記事でわかること

休業手当受給中のウーバー配達員の注意すべきこと

ウーバー配達はアルバイトじゃなくて個人事業主

働きすぎると扶養が外れるのは 38万円!

ウーバー配達員が気を付けなくてはならないこと

まず大前提の知識として、休業手当を貰いながらお金を稼ぐことのできる原則は「1日4時間以内で週20時間以内」です。

これを一秒でも超えてしまうと、就業しているとみなされて、休業手当を貰えなくなってしまいます。
そのため、「1日4時間以内の労働を5日間して、2日休んで」の繰り返しをすると、アルバイトをしながらでも手当を貰うことが出来ます。

しかし、ウーバー配達員は個人事業主扱いであると先ほど申し上げましたが、それ以前に、ウーバーイーツは距離給なので、時間給ではありません。

失業保険給付金を受けるうえで、労働時間単位の計算となるので、どこを起点に労働時間を計算すればいいのかハローワークの職員さんに尋ねてみました。

その結果、ウーバーの労働時間はアプリで待機している時間+配達時間とのことでした。

要するに、2時間待機して、配達時間が40分であれば、労働時間は40分ではなく、2時間40分です。そのため、4時間以内という縛りがあるとなかなか稼ぐことが難しいかもしれません。
このことを知らずに、ウーバーでの配達員をしてしまうと、気付いたら失業手当を支給されなくなってしまったということがあるかもしれないので、注意しましょう。

ウーバーの配達員はアルバイトじゃない!

ウーバーの配達員はアルバイトではなくて、個人事業主扱いです。

そのため、103万の壁であるアルバイト収入の扶養には入りません。

しかし個人事業主としての、38万円の壁がまた立ちはだかってきます。
特に学生は収入面において気を付けなければ、親の扶養を気付かぬうちに外れていたり、逆に申告忘れをしてしまうと気付かぬうちに脱税犯になっている可能性もあるということです。

これは上記にも記した通りに、失業給付を受けてからのアルバイトをするときにも気を付けなければいけないことです。

やはり、歩合制のモノを無理くり時間給扱いとして申告しなければならないので、その分、稼ぐことに関しては非効率的な部分も拭えないでしょう。

Uber Eatsでも失業確定申告書は絶対!

アルバイトとは違うウーバーでもきちんと「働いている」とみなされるので、失業確定申告書は必ず記載するようにしましょう!

これを怠ってしまうと、失業給付金の不正受給扱いになってしまい、今までの給付金の3倍返しをすることになります。

お金が発生している以上、そこの管理をなおざりにしないようにしましょう!

【結論】失業手当給付中もウーバーは出来る。

結論として、失業手当給付中もウーバーは出来ます。

しかし、手続きが通常のアルバイトと違ってごちゃごちゃする場合があるので、そこは必ずお近くのハローワークに確認を取るようにしましょう。

時間給のバイトと違って、書類の書き方も複雑になってきますので、必ず最新の情報を確認するようにしましょう。