退職代行は恥ずかしい?いつまでそんなこと言ってるの?

退職代行 恥ずかしい

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 SARABA 1.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 ニコイチ 2.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、約17,000人の退職実績アリ!退職成功率100%

正方形 ガーディアン 3.退職代行「ガーディアン」
労働組合法人があなたを守ってくれる!円満退社を目指そう!

こんにちは。

労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれる退職代行サービス。2020年3月テラスハウスの放送で、退職代行サービスEXITの創業社長新野俊幸さんが出演されたことで、一躍有名となりました。

「上司が自宅に押し掛け、退職させないために説得する」
「会社とも関わりを持ちたくないので、上司とも退職について話したくない」
「上司に辞意を伝えると、暴言が始まる」

などといった慰留ハラスメントに苦しむ人々を救援する一方で、

「辞めることぐらい自分でやれよ」
「社会人なんだから最後のけじめぐらいつけろ」
「簡単に会社を辞められることに拍車がかかる」

のような世間の辛辣な声。さらに「退職代行サービスを利用したら、周囲の人々に冷たい目で見られるんじゃないか」と心配する感情も織り交ざり、なかなか踏み出せない人がいます。

今回はそんな方に向けて、いつもの記事とは少々違う形式で、一歩を踏み出す勇気を後押しするようなことを語れれば良いと思っています。時折厳しい意見を述べることもあるかもしれませんが、自分の気持ちを偽っていても仕方ないのでご了承ください。

退職代行利用者は意外と多い

退職代行 利用者数 恥ずかしい

人間の心理には同調行動というのがあります。周りに同調する、つまり自分の考えを周りに合わせたり同じような行動を取ったりすることです。日本人は特にこの特徴が強いと言われています。みなさんもあるのではないでしょうか。周りと異なる意見を持ちながらも、周りを見て手を上げなかった経験が。

この話が今の退職代行サービスと何の関係があるんだっ!そう思った方もいるでしょう。安心してください。しっかりと関係しています。

この同調行動の原因は多数派同調バイアスという人間の思考を歪める心理的な偏考にあります。集団の中で多数派と同じ意見であれば人は安心し、一方で多数派と異なる意見であれば不安になります。

退職代行サービスも同じです。メディアの露出度が上がってきたとはいえ、まだまだ社会的に認められるとは言えない段階にあります。

「周りに利用している人がなかなかいないから、利用しにくいな…」
「周りから変な目で見られるんじゃないかな…」

そのように思うのは非常によくわかります。

しかし年々、退職代行利用者は増えています。こちらの記事は、退職代行の生みの親・新野俊幸さんがインタビューを受けている記事ですが、

「事業者も今では30社ほどに増え、利用者数は推定3万人とも言われているほどの規模となった」

という記述があるくらい退職代行サービスは伸び続けているんです。もちろん退職者の多くが利用しているとは言い難いですが、利用している人もいることを忘れないでください。

退職代行は就活・転職エージェントと同じ

退職代行 恥ずかしい

今一度退職代行サービスについておさらいしましょう。

退職代行・・・会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービス

一方で、就活・転職エージェントはどうでしょうか。

就活エージェント・・・専任のキャリアコンサルタントが就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービス
転職エージェント・・・転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス

退職代行と就活・転職エージェントをこうして見比べてみても、サービスを提供する土俵は違えど、労働者と企業の間に立っている点に関しては同じです。

自分が時間の手間と考えたものにお金を支払い、より良い未来のために投資をするのに何がいけないんでしょうか。就活・転職エージェントに依頼することで、自身の今後のキャリアをよりよくしたいと思うのならば、退職代行に依頼してより円滑に退職をすることの何がいけないんでしょうか。

わたしは全くいけないことだとは思いません。しかし、文句を言ってくる人は必ずいます。

家政婦の話をしましょう。この手の話題で文句を言ってくる人は、専業主婦が家政婦を雇っていたとしても同じことを言います。

「それぐらい自分でやれ!」
「それがお前の仕事だろ!」

なんて言うでしょう。そのような人たちは大抵、自分の家事に満足できていない状況にある場合が多いです。

「自分も家政婦を雇いたいけど、お金がない」
「家事はしているけど、満足に評価されてない」
「頑張っている自分を評価して欲しい」

など理由は様々です。そんなの全然気にしなくてよくないですか。

なので、退職代行サービスを利用するにあたって何も躊躇する必要はありません。だって就活・転職エージェントと何ら変わりませんから。就活・転職エージェントこそ利用している方は山ほどいますよね、私も使っていましたし。さらに、先ほども述べたように決して多数派とは言えませんが、退職代行も利用している人は増えているので本当に躊躇していては勿体ないですよ。

自分で退職できるなら、そもそも頼らない

退職代行 恥ずかしい

ここまで読んで、いまだに決心できない方は本当に素晴らしいです。普段から物事をよく考えてる証拠です。

しかし、あなたは今何に悩んでいるでしょうか。「退職するかしないか」でしょうか、それとも退職するにしても「退職代行を利用するかしないか」でしょうか。ここで前者「退職するかしないか」で悩んでいる人は、もう退職しなくていいんじゃないですか。後者「退職代行を利用するかしないか」で悩んでいる人も、もう退職しなくていいんじゃないですか。

これまで散々悩んできたことでしょう。何度も退職を諦めたことでしょう。でもやっぱり諦めずこうして退職代行の記事を見ているのでしょう。

「いい加減終わりにしませんか。」

みなさん、5秒ルールってご存じですか?(3秒ルールじゃないですよ!(笑))あることをしようと決めても5秒後にはやらない理由を考えてしまうそうです。まぁ人間って基本的に変化を嫌う生き物ですからね。周りが変化しているってことは自分も変化しなければならないし、その労力を嫌うのでしょう。

つまり言ってしまえば、ここまで来て悩んでいる方は退職しない理由を考え始め、結局退職しないと私は思っているわけです。勿論あなたの人生を決めるのはあなた自身なので、私はこれ以上に無理に干渉するつもりもありません。

ただし、あなたがこれまで苦しんできて現状を打破したいのであれば、一歩踏み出しても良いんではないでしょうか。私も無理に干渉するつもりはないと言ったものの、本来助けることができた人を見捨てるような真似はしたくはありません。

おそらく退職代行を利用しようしている人、この記事を読んでいる人は、これまで歩んできた人生よりもこれから歩む人生の方が長い方々でしょう。なので、なおさら我慢しつづけて楽しくない人生を歩むよりも、勇気を出して今より楽しい人生を歩んでほしいと思うのです。

「やらない後悔より、やる後悔」

あなたの人生はあなたのモノです。会社や上司に踏みにじられるべきものではありません。

最後に

散々好き勝手述べさせていただいたので、多くのことは語りません。

私にも退職経験があります。

当時は確かに非常に退職の意思が言いづらく、悩んだ時期でもありました。ただ、退職を決めた際にはこれまでに味わったことのない開放感がありましたし、今は毎日が楽しいですが、あの時ほど自分の将来にこんなにもワクワクしたことはありません。皆さんそれぞれ、退職に踏み切れない環境や理由は様々だとは思いますが、今一度自分が歩んでいる人生は誰のものか、考えてみてください。おのずと自分のやるべき行動が見えてきます。