退職代行をリピートする人とは。幸せな転職には辞める勇気

フリーダム

当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら! 迷った方は以下から選べば間違いなし!
      
  1. 退職代行「SARABA」
    「辞めたい」と思ったその日に即日退社! 有給休暇の交渉も可能!
  2. 退職代行「Re:Start」
    業界最安値の価格で退職が可能!
  3. 退職代行「男の退職代行」
    どこよりも確実に、どこよりもスピーディーに、男性の退職なら「男の退職代行」!

こんにちは!
退職エキスパートのOSです!

退職について研究を重ねた自分が、

転職をする人はどのような人?

何度も利用するリピーターが増えるのはなぜなのか?

どのような人が転職を繰り返すのか?

良い転職をするには?

についてご説明させていただきます。

 

転職する人はこんな人

 

そもそもなぜ、転職するのでしょうか。

 

まず、転職についてご説明させていただきます。

転職には2種類あります。
ネガティブな転職ポジティブな転職です。

ネガティブな転職とは皆さんがまず想像するような転職理由である、

・仕事内容のギャップ。
・上司とうまくいかなかった。
・環境の不満。
・先が見えない

といったものが挙げられます。

では逆にポジティブな転職とはどのようなものでしょうか。

ポジティブな転職とは

・自分を試したい
・キャリアアップのため
・自分の目標のため

自らの意思での転職で、性格的に好奇心旺盛で転職をゲームのように考え、趣味としている人もいます。

では何度も退職代行、転職をする人とはどのような人なのでしょうか。

転職リピーター、退職代行は欠かせない存在

 

ブラック企業

 

なぜ退職代行を利用するのかというと

まずざっくりいうと

ポジティブな転職の方は引き留めの煩わしさから。
ネガティブな転職の方は苦しんでいる方が多く、即効性を求めています。

退職代行を利用すれば、早くて即日退職が可能なためです。

また、会社を辞める決断をした方の中には辞表を受理してもらえないということもあります。
会社からの情への訴えに負けてしまう方もいます。
また適切に退職金や、有休をもらう手続きなどもすべて任せられるため、たとえ5万ほど支払ったとしても次の転職も代行に頼みたいという方が多いのです。まったく顔を合わすことなく辞職できる点も支持されるポイントです。

では何度も転職し、退職代行をリピートするのはどちらの転職なのでしょうか?

正解はどちらもです。

 

ネガティブな転職はというと、2種類に分かれます。

不満からの転職であると、次の会社ではその苦痛要因が感じられなかった場合転職する可能性は低いといえます。
その中で転職を繰り返す人というのは、仕事選びの基準ができていなかったり自己分析ができていなかったり、諦めが早かったりという特徴があります。

また、ポジティブな転職をする人は言わずもがな転職が天職ですから何度でも転職します。

こう見るとまた失敗し、負のサイクルに陥るのではと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし転職における幸福度という点で見ると
ネガティブな転職のほうが明らかに高いのです。

これは、ポジティブな転職は、
自分は必要とされていることがわかっているため、「引き留められることが煩わしい。」「不満というわけでもないため退職理由も特にない。」
故に退職代行を利用しているので退職による幸福はあまりありません。どちらか次の仕事への期待感でしょう。

これに対し、ネガティブさんの中には「生きていても死んでいても同じだ。同じでこんなにつらいのなら」と死を選択してしまうほどに追い詰められている方もいらっしゃいます。

そのような方々からすれば、精神的、肉体的苦痛からの解放。鬱が快方へ向かい、成長できる企業に入ることができたり、真っ暗だった人生を180度変えることが可能です。

しかし、ポジティブな転職をする方、ネガティブな転職でうまくいかなかった方が180度人生を変える逆転転職をするためにはいくつかのポイントが必要になります。

 

幸せな社会人になるために必要なこと7つ

 

転職をして幸せになるためには、会社はくじではありません。

とにかく自分に合う企業があるまで行き当たりばったりでよいわけではありません。

「耐えられないとこまで行ってみる」

あまりにもすぐに辞めてはまだわからないこと、自分の決めつけな部分もあるためです。
受け身ではなく少しでも何か知識やスキルを盗んで次の転職につなげてやるという気持ちで出勤することで少し明るく出勤することができます。

「自己分析を徹底する」

自分に合った仕事がわかれば転職後も職務内容についてつらいと感じることなく働くことができる。

「業界、企業分析を徹底する」

絞った中で目的を果たせる企業を探す。

「1人でしないこと」

転職には周囲の反対と、未知への不安から現状維持に走り、つらい生活を続けてしまう方が多くいらっしゃいます。
しかし、実際に転職でうまくいった方からお話を聞いたり相談をし、口に出してみることで自分の考えがまとまり、自分がどうしたいのか糸口が見えてきます。

「仕事を続けながら転職活動をする」

無収入である不安、うしろめたさから妥協して会社を選びやすいため。

「本当に毎日がどうしようもなく辛く追い詰められているならすぐに辞める」

先に申し上げたことと矛盾するように感じられるかもしれません。
しかし、鬱になったり悪い選択をする前に辞められない理由より自分の長い将来の重要性を再確認してみましょう。

「できる限り職種は近いものを」

もしも前職の業務内容やりたいことが違うのなら別のことをするべきですが、全くの初心者からスタート。新人となり、確実に給料は下がります。
近いものであればある程度会社というものを知った中途採用は会社としてありがたいものです。
1つ目で申し上げたように今の仕事からスキルを得ることも次の会社での給料、働きやすさに関わってくるかもしれません

 

転職は文化。退職代行をフル活用すべし

 

最近では会社を選ぶ際に選択肢が膨大に増えた分、絞ることが難しくなり細かく自分に合った会社かどうかを調べることができないまま就職し、
結果として劣悪な待遇、環境に苦しむことがある。

責任感からやり遂げよう、自分がいなければこの会社は大変だ、
と、つらくても抜け出せない現状もある。

 

毎日が単調で、時間外労働ばかりで自分の時間もない。

人生の夏休みとも称されるキラキラに輝く学生生活から一転、どん底のハラスメント地獄、単純作業、無賃残業。

思い描いていた社会人像とは全く違った。

うまくいかない、評価されない

自殺を図ったこともある

辞めたくてもやめられない

そのような方々にとって退職代行は人生を変える正義の味方、必要最低限の逃げ道です。

賛否ありますが、私は退職をお任せしてしまい、自身の新たな道を切り開くというのは素晴らしい決断であると感じます。
現在転職は当たり前ともいえる時代になりつつあります。
言い出せないけど本気で辛い、と感じたら立ち止まる時間そして逃げ出すことも必要なのではないでしょうか。