退職代行サービスとは?利用者層は?どんな人が利用しているの?

落ち込む

当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら! 迷った方は以下から選べば間違いなし!
      
  1. 退職代行「SARABA」
    「辞めたい」と思ったその日に即日退社! 有給休暇の交渉も可能!
  2. 退職代行ニコイチ
    業界No.1の手厚いサポート! 豊富な実績により過去14年間7,135人以上を100%退職に導く
  3. 退職代行Re:Start
    業界最安値キャンペーン正社員退職料金20,000円でのサービス提供!

話題の退職代行サービスに関して、今回は私が実際に経験した出来事をお話ししていこうと思います!

退職代行サービスを利用したときの実体験

あれは3年ほど前のこと、とある撮影会社に勤務していました。

定時は「11時~20時」で「土日祝休み」という契約で就職したのですが、、、

実際に働いてみると、朝6時集合や終電ギリギリは当たり前!
なんなら泊り込みもしょっちゅう!
月の休みは多くて3日だけ!しかも残業代は出ない!!

さらには福利厚生なし!なのに給料15万円!!
ボーナスはもちろん貰えません!!

ブラック企業というかプラチナブラック企業ですよね(笑)
私は退職しようと勇気を振り絞り伝えました!

私 :「辞めさせて下さい!」
上司:「まぁもうちょい頑張ろうよ!」

~1週間後~

私 :「やっぱり限界です。。。」
社長:「もう少し耐えたら人増やすし、負担も減るから大丈夫!」

いや、大丈夫じゃないんですよw

結局退職したのは、腰を痛めて動けなくなった時でした。
それから1ヵ月半の間、歩くこともほとんど出来ず、自宅警備ばかり。

収入もないので、めちゃくちゃ辛い思いをしたのをよく覚えております。・・

その当時に【退職代行サービス】が存在していたのであれば、
迷わず利用していたのは間違いない!!

ということで、最近テレビで取り上げられたり、SNSでバズったりと、
何かと話題の【退職代行サービス】について調査してみました!

どんなサービスなのか?どんな人が利用されているのか?

調べてみると、思っていたよりも需要があることが判明しました!

今話題の退職代行とは


退職代行とは、会社や職場に退職の手続きを代行して行ってもらえるサービスです!

通常、会社を退職する場合は事前に申請を出したり、適切な手続きを行う必要があります。
ですが、人間関係やトラブルなどの理由により「今すぐ退職したい」・「会社に明日から行きたくない」・「もう二度と上司に会いたくない」などといった場合はどうすればいいでのでしょうか?

そんな時に、退職手続きや申請を本人を代行して行ってくれるのが、
【退職代行サービス】なのです!

もっと早くこのサービスがあってくれたら私は苦労しなかった。。。

退職代行サービスの利用者層について

では、どんな人たちが利用しているのでしょうか?
調査結果をグラフにまとめてみました!
グラフ
調査によると、年齢は20代~30代までの方々が利用されていることが多いようです!
また、性別は圧倒的に男性の方が多いように見受けられます!

若年層の男性の利用者が多いというのは少し驚きですね。。。

具体的にどんな人が利用しているのか?

スマホいじる

利用されている方は次のようなケースが多いようです!

■上司からのセクハラ・パワハラの被害がひどい
■働き始めたら聞いていた内容と全然違う
■サービス残業や休日出勤が多すぎてプライベートがない
■辞表を出して、退職したいと伝えたが、辞めさせてくれない
■ブラック企業のため転職したい
■人間関係が原因で、うつ病になってしまった
■会社のストレスで病気になりがち
■自分から辞めることをなかなか言い出せない
■辞めようとしても、責任問題にされて脅迫される
■何度も説得されてズルズル退職が長引いて、結局辞められない

会社や職場に悩みを抱えている方が利用されているようですね。。。

そんな方々にとって【退職代行サービス】は非常に便利なサービスなのかもしれません!

利用者の世帯年収はどのくらい?

次にどのくらいの年収の方々が利用されているのかについてです!
こちらもグラフにまとめてみました!
世帯年収の割合
若年層の利用者が多いからか、現在は成長段階の方々が最も多いようです!
ですが、私が驚いたのは高収入の方でも利用している人が一定数いるということ!

収入が高くても会社には不満や不安があるのかもれませんね。。。

退職代行サービスは必要??

ハッピー

調査をしていくうちに【退職代行サービス】の必要性をかなり感じました!

嫌なことがあったから会社を辞めるということは、もしかしたら現実逃避なのかもしれません。
ですが、私個人としては一つの選択肢として退職することは必要だと思います。

「戦略的撤退」戦国時代のある武将は「撤退すること」を戦略の一つにしていました。
そして圧倒的な強さで、九州最強の座を手にしました。(島津義久)

現代においても、自分自身の今後の人生を考えたときに、
会社を戦略として撤退する事も時には必要なのではないでしょうか。

私のように体を壊してからでは遅いですから。。。

そんな時に【退職代行】というサービスがサポートしてくれれば、
気持ちよく次のステップに進めますね!

いやー、良い時代になったものです(笑)

 

まさ

退職代行についてもっと知りたいという方はこちらの記事もごらんください!