【2020最新】社会保険給付金サポートの詐欺・悪質業者に注意!

おどろきにゃんこ

お金にまつわる問題には、詐欺や悪質サービスが付きものです。
特に社会給付金や損害サポートのような保険金に関しては知識の豊かな方も少ないので、詐欺のぬか床となっている事例もあるようです。

今回は、「社会保険給付金サポート」いわば失業手当のようなものについて、詐欺や悪質サービスの見分け方をまとめていきます。

この記事でわかること

社会保険給付金サポートとは何か?

詐欺・悪質サービスの見分け方

社会保険給付金サポートの活用方法

社会保険給付金サポートとは?

社会保険の給付金には大きく分けて3つの種類があります。

①「傷病手当」- ケガや病気で休業中の人
②「雇用保険」- 退職や失業をして仕事が出来ない人
③「障害年金」- ケガや病気で思うように働けない人

本来は3種類全てについて詳しく知っておいたほうが良いのですが、今回は「雇用保険」について詳しく説明していきます。

雇用保険というのは、上記に書いたように、会社からの急な解雇であったり、自己都合退職などで、自らの収入減を絶たれたときに、万が一のための保険として、再就職までに間に受け取ることのできる給付金です。

この金額は、年齢や保険加入期間によって異なるものであり、長く勤めれば務めているほど、その給付金は高くなります。

この基準は、国において法律で定められているものであり、万が一基準より少ないともあれば、個人的に会社相手に訴訟を起こすことも可能です。

しかし、知らなければ騙されてしまうだけなので、まずは「知ること」が何よりも大切です。

詐欺・悪質サービスについて

詐欺や悪質サービスについては、実績の詐称や経歴の詐称など様々な手口を使って信用を得ようとしてきます。

その中でも多いのは、「国家資格を必要としない肩書において、利用者の信頼を得ようとする」です。

例えば、経営コンサルタントは名前こそ頭脳明晰で聡明な印象を受けますが、実際問題経営コンサルタントというものは国家資格ではないので、誰でも名乗ることが出来ます。
今この文章を書いている私も、「経営コンサルタントです!」と名乗ることに対しては何の罰もありません。

「経営コンサルタントは疑ってかかれ!」と言っているわけではもちろんなくて、肩書に引かれて正常な判断を鈍らされないようにしてほしい。というわけです。

じゃあどうやって判断するのが正常な判断なの?と思いますよね。

こういったブログや広告に然りですが、注目すべきは「情報量」です。

情報と言っても、誰でもいえるような、書けるような情報を「それっぽく」書いているページには注意をして下さい。

本当に社会保険に関して詳しい人間であれば、それなりに詳しい情報を文章にして書き起こすことも可能ですし、それに伴って説明書きと実際のサービス内容が違った場合は、そのページのスクリーンショットなどを保存して消費者センターに連絡することで、詐欺の証拠となるので、何等かの対処が可能かもしれません。

また、悪質サービスの見分け方のテクニックとして「電話応対」を見るというものがあります。
そもそも、電話でお申し込みをすることが出来るところは安心ですし、その後に確認のメールも届くことが出来れば、それは売買契約の証拠となるので、その点においてやはり「詐欺サービス」「優良サービス」の差は出てくるところです。

では、先に述べた見分け方のテクニック①「電話対応」についてですが、その電話対応が「社会人として正しいものか」を確認することが大切です。電話口で「もしもし」なんて言われた日には詐欺サービスかただのアホかのどっちかですね。(笑)

ここまで長々と詐欺や悪質サービスについても書いてきましたが、最終的に判断するのは自分であり、その為の知識をきちんと身に付けておくことは、「自衛」に他なりません。

保険金系の知識で言うと、ファイナンシャルプランナー検定の本で勉強すると良いでしょう。
この資格の勉強をすることで、税金に関しても強くなることが出来るので、世の中のお金周りに強くなることが出来るでしょう。

社会給付金サポートの活用方法

大前提として、社会給付金サポートなんて簡単に取れるものではない!

助成金にも様々な種類があるため、全てを事細かに書くことは出来ないのですが、社会保険の給付金は簡単に取れるものではありません。

役所に行くと確認ができるでしょうが、本当にいくつもの条件を乗り越えてやっと、申請にまでこぎつけることが出来て、その申請が通るのをしばらく待って、やっとの思いで助成金を手にすることが出来るのです。

では、その社会給付金サポート「プロに任せる」ことが出来たら、嬉しくないですか?

ただ、もちろん無料ではありません。(相談するだけならタダ!)

しかし、料金は獲得できた助成金の10%ほどの成功報酬です。
そのため、「助成金貰ってないのにお金取るの??」なんてことにはなりませんのでご安心ください。

「プロに頼まなくても自分でできるからいい」、「自分でやるのと何が違うの?」と思う方もいるでしょう。
しかし、プロの業界人は社会労務士や弁護士など、法曹関係のエキスパートや社会福祉制度の歩く辞書のような方が協力な味方についてくれます。

もしあなたが、「社会保険にわかんない事なんてない!法律はすべて把握している!」というようなスーパー超人だったらこんなサービスは必要ないかもしれません。

しかし実際問題多くの方はそうではなく、自身の知識に不安の覚えている人も多いでしょう。これらを1から勉強するには膨大な時間がかかりますし、講座の受講費用も安くはないでしょう。
そう考えたときに、「プロに頼む」のが一番合理的だと思いませんか?

いろいろ書いてきましたが、こういった謳い文句で詐欺をけしかけてくる輩もいるので注意しましょう(笑)

今回の社会給付金サポートは、遷移先のリンクを見てもらえばわかるように、実績と安心が目に見えて残っています。
そのため、一切の優良サービスであることを断言することが出来ます。

ここで、プロに仕事を頼む際のメリットをまとめておきましょう。

①面倒でややこしい手続きを肩代わりしてくれる
②貰える助成金が自分でやるより多くなるかも知れない
③社労士や弁護士監修なので、ミスが生じることがない

以上3点の理由により、ちょっとでもいいなと思った人は相談は無料なので、とりあえず話を聞いてみましょう。

最後に

今回は助成金にまつわる詐欺について、その詐欺を回避するためにプロに頼むことについて、説明しました。

もちろん自分で知識を付けて、身の回りの手続きは自分でできるようになることが一番ですので、せっかくのこのコロナ禍の中で、新しい知識を自分に身に付けてみてはいかがでしょうか?

今回はこのあたりで筆をおかせていただきます。