退職代行サービス人気業者おすすめランキング10選

退職代行ランキング

おすすめ退職代行サービス ランキング一覧 ※2020/09/11更新

ランキング
1位
王冠銀
2位
王冠銅
3位
4位  5位 6位 7位 8位 9位 10位
サービス

SARABA

退職代行 SARABA詳細を見る

男の退職代行

退職代行 男の退職代行詳細を見る

わたしNEXT

退職代行 わたしNEXT詳細を見る

ニコイチ

退職代行 ニコイチ詳細を見る

退職代行Jobs

退職代行Jobs詳細を見る

退職ボタン

退職代行 退職ボタン詳細を見る

弁護士法人みやび

退職代行 弁護士法人みやび詳細を見る

EXIT

退職代行 EXIT詳細を見る

辞めるんです

退職代行 辞めるんです詳細を見る

Re:Start

退職代行 リスタート詳細を見る

料金(正社員) 27,000円 29,800円 29,800円 27,000円 29,800円 29,800円 55,000円 50,000円 27,000円 20,000円
料金
(アルバイト)
27,000円 19,800円 19,800円 27,000円 29,800円 29,800円 55,000円 30,000円 27,000円 10,000円
即日退職 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
有給交渉 ★★★ ★★☆ ★★☆ ★☆☆ ★☆☆ ★★★ ★★★ ★★☆ ★☆☆ ★☆☆
実績 ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★☆☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
評判 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
公式HP

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

申し込む

 

今話題の退職代行サービス
Twitterやネット上だけでなく最近ではニュースでも取り上げられ、その需要注目度の高さを感じます。

しかし!検索してみるとわかるように退職代行サービスを扱う会社は非常に多く、価格やサービスも様々。

 

本当にいい退職代行サービスってどこなんだろう」

 

と、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、当サイト内で取り扱う50社を超える退職代行の中から、料金や保証・体験談や評判を元に、厳選したおすすめの退職代行サービスランキング形式で紹介していきます!

どこのサービスを利用するか迷っている方、退職代行の利用を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

なやむ1悩む人

最近上司からのパワハラがひどくて退職を考えてるんだけど退職代行って本当に辞めれるの?
もちろんです!
退職したいと自分で言っても取り合ってもらえない人、周りの目が怖くて自分から言い出せない人などが利用しています。

まさ顔1まさ

なやむ1悩む人

そうなんだ…でもネットで調べるとたくさんありすぎてどこが本当にいいのかわかんなくて…
それなら私のおすすめをランキング形式で紹介しますよ!
色々な特徴をみて自分にあったサービスに相談するのはいかがでしょうか?

まさ顔1まさ

なやむ1悩む人

うん。分かった。よろしくお願いします!

第1位:SARABA

SARABA

料金
(正社員)
27,000円 料金
(アルバイト)
27,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★
★★★

24時間どんな職種でも即日対応。27,000円で有給交渉も可能!

SARABAはどんな職種でも一律27,000円で手続きが可能です!

24時間相談・電話が無制限!
会社に出社することなく即日退職ができます。

また、SARABAは労働組合であるため有給休暇の取得や残業代の請求などの交渉も可能
他社ではできないSARABAならではの特徴です。

退職代行で起こるトラブルのほとんどは法律関係ですがSARABAには行政書士が在籍しているので、万が一の場合も柔軟に対応することができます!

無料転職サポートがついているため転職の際も心配不要ですし、退職できなかった場合に備えて全額返金保証もあります!

そして、現在は期間限定で退職届のテンプレート配布&有給消化サポートも行っております!

手厚いフォローの元、有給休暇を取得したうえでスパッと会社を辞めたい方はSARABAがおすすめです!

こんな悩みを持っている人はSARABAがおすすめ

 

・必ず有給休暇が欲しい!

・退職も転職も両方サポートして欲しい!

・今すぐ辞めたい!

・退職を引き止められてから数ヶ月たっている…

・損害賠償請求されるか不安

・あまりお金をかけたくない

・二度と上司や同僚に会いたくない

第2位:男の退職代行

男の退職代行

料金
(正社員)
29,800円 料金
(アルバイト)
19,800円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★★

日本初!男性限定の退職代行。

男の退職代行は、日本初の男性限定の退職代行サービスです。

その専門性が認められ、顧客満足度、対応スピード、20代30代男性の第1位を獲得しています!

また、100以上の検査項目におよぶ厳正な審査をクリアした優良退職代行サービス事業者にのみ与えられる認証JRAA(日本退職代行協会)「特別認定」を取得しています。

さらに、法的に認められた労働組合が退職代行サービスを行うため勿論、違法性の心配ゼロ。
安心して利用することができます。

そして、安心安全の全額返金保証。退職成功率100%などの信頼性もばっちりです。

おそらく退職代行の利用を考えている方は、その後の進路も気がかりではないでしょうか?
男の退職代行では転職サポートがついており、転職が成功すると最大5万円のお祝い金が頂けるのです。なんという大盤振る舞いなのでしょう!

他にも、退職に関しての質問や心配事は24時間365日いつでも対応してくれます。

No,1の実績と迅速な対応で円満な退職をサポートしてくれる男の退職代行。是非利用されてみてはいかがでしょうか。

《こんな悩みを持っている人は男の退職代行がおすすめ》

 

・男性の方!
・仕事がツライ!
・周りに嫌なイメージを持たれずに退職したい
・今すぐ辞めたい
・上司とうまが合わない
・有給を消化してから退職したい
・なんなら給料も満額支給されて退職したい
・転職まで視野に入れている

第3位:わたしNEXT

NEXT サムネ

料金
(正社員)
29,800円 料金
(アルバイト)
19,800円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★★

日本初「女性向け退職代行」!

女性だって職場で声を上げづらいし、仕事を辞めたくても辞められないのに男性だけの退職代行なんてズルい!

そう思われた女性の皆様。安心してください。ちゃんと女性verも存在します!

退職代行「わたしNEXT」は業界最安値の価格帯なうえ、相談回数無制限、追加料金一切なしの徹底サポート!

さらに、こちらの場合でも転職サポートを利用して転職が成功したら、転職お祝い金最大万円プレゼント!

わたしNEXTでも、100以上の検査項目におよぶ厳正な審査をクリアした優良退職代行サービス事業者にのみ与えられる認証JRAA(日本退職代行協会)「特別認定」を取得しています。

この業者の最大の魅力は転職だけでなく、女性の起業・独立・開業についても相談出来るところとなっております。

とにかく女性に寄り添ったサービスが充実していますので、女性の皆様は是非利用されてはいかがでしょうか?

《こんな悩みを持っている人はわたしNEXTがおすすめ》

 

・女性の方!
・直接伝えるのが怖い!
・パワハラがひどい
・今すぐ辞めたい
・仲間とうまが合わない
・転職まで視野に入れている

第4位:ニコイチ

nikoichi 2020 8ver

 

料金
(正社員)
27,000円 料金
(アルバイト)
27,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★★

業界No.1、約17,000人の退職実績アリ!退職成功率100%。

ニコイチは、退職代行サービスの利用開始から退職が完了するまで一律27,000円でどんな職業でも退職することができます。

また、過去14年間トラブルはなく一企業として退職代行の運営をしています。
その結果として退職代行サービスとしての確固とした実績を認められ多くのランキングサイトで上位に掲載されております。

そして、全額返金保証もあり、安心して利用していただけます!

おそらく退職代行の利用を考えている方は、その後の進路も気がかりではないでしょうか?
ニコイチは無料の転職サポートがついており、退職代行を利用する前に、転職サポートを利用することもできます。
次の仕事が決まっていれば安心感が段違いですよね。

また、とにかく今すぐ辞めたいという方向けに、退職後のアフターフォローが2ヶ月もついているんです!

No,1の実績と迅速な対応で円満な退職をサポートしてくれるので低価格即日退社をすることができますが、利用する際はしっかりと打ち合わせをして、吟味した上で利用してくださいね!

《こんな悩みを持っている人はニコイチがおすすめ》

 

・退職したいのになかなか辞めさせてくれない
・有給を使い切ってから退職したい!
・会社の人に会うことなく退職したい
・今すぐ辞めたい
・上司とうまが合わない
・誰にも知られずに退職したい
・死にたいと思うほど精神が病んでいる
・人手不足で辞められない

第5位:退職代行Jobs

料金
(正社員)
29,800円 料金
(アルバイト)
29,800円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★★

顧問弁護士指導の適正業務!365日即日即時対応!退職代行Jobsで円満退社!

退職代行Jobsの費用は、一律29,800円
もちろん24時間受付対応で全額返金の保証サポート付きです!

会社とのやりとりを代行してくれるだけでなく、顧問弁護士指導のもと業務を行っているのでトラブルの心配もなく丁寧な対応で円満退社を目指します!

素早い対応により、決断した翌日に退職できた!という声も。
口コミ評価の高い安心できるサービスで、あなたのキャリアを次のステージへサポートしてくれます!

お申し込みした方はもちろん、LINEに登録していただいた方全員へJobsからプレゼントがあります。
まだ、今は漠然と考えているという方もお気軽にご登録してみるのもいいのではないでしょうか。

退職代行サービスに不安がある方も、退職代行Jobsで満足できる退職を目指してみませんか?

《こんな悩みを持っている人はJobsがおすすめ》

 

  • 顧問弁護士がいる業者で退職したい
  • 転職についての不安がある
  • 働いていた月の給料もちゃん欲しい!
  • もしもの時、ちゃんと返金保証がついていてほしい!
  • 退職したことを、親や家族に知られたくない
  • 円満に退職したい
  • 会社の人と顔を合わせずに退職したい

第6位:退職ボタン

taisyoku/botan

 

料金
(正社員)
29,800円 料金
(アルバイト)
29,800円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用なし 全額返金保証 記載なし
対応時間 24時間対応
おすすめ度 ★★★

有給消化交渉も付いている!スピーディーに退職可能!

退職ボタンでは、朝日新聞デジタルをはじめとした多数のメディア掲載実績されただけの事もあり、誰でもスピード退職することが可能です。

さらに、有給消化の交渉も可能となっております。

会社がブラックすぎて全く有休をとることが出来なかった方々は是非、退職ボタンを利用して退職してみてはいかがでしょうか?

退職に関する相談も、LINEで24時間受け付けているのでいつでも相談可能です。

会社のHPのLINEのお問い合わせボタンより簡単にLINE登録できます。友達追加後は簡単にメッセージをお送りください。

第7位:弁護士法人みやび

みやび 元汐留

料金
(正社員)
55,000円 料金
(アルバイト)
55,000円
クレジット
決済
無し LINE相談
オプション
費用
成果報酬
20%
全額返金保証 無し
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

残業代請求・未払い給料請求・パワハラ・セクハラに対する慰謝料の請求可

弁護士法人みやびでは、弁護士が退職代行サービスをおこなっております!
専門家集団というメリットを生かして、豊富な経験に裏打ちされた適切な訴訟遂行の為のノウハウを駆使して対応します。

職種問わず退職代行料金は55,000円
(退職が成功した場合、成果報酬20%を支払う必要があります。)

即日対応LINE相談24時間対応です。法律のプロと共に円満退職を目指しませんか?

第8位:EXIT

EXIT

料金
(正社員)
50,000円 料金
(アルバイト)
30,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

会社からの非常口!EXITの即日対応でスピード退社!

EXITはメディア掲載NO.1の退職代行サービスを提供!
会社への連絡は一切不要!正社員は50,000円、パート・アルバイトは30,000円で退職可能!

EXITは未経験からのキャリアチェンジに強い転職サポート会社「ワークポート」と提携!
条件によっては、全額キャッシュバックの可能性あり!

もしネクストキャリアで困ってもEXITの再依頼で代行料金1万円引きで可能!
退職と転職を同時に進めたい方はEXITがおすすめです!

第9位:辞めるんです

辞めるんです

料金
(正社員)
27,000円 料金
(アルバイト)
27,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

24時間365日即日対応!
退職成功率100%の辞めるんですにLINEで即相談!

退職代行「辞めるんです」は本来なら50,000円のところ、なんと期間限定で今なら27,000円で退職代行が可能です!

主要退職代行サービスおなじみの24時間相談や相談無制限対応、電話無制限対応などのサポート付き!

退職成功率は100%!会社側から訴えられるケースも勿論1度もございません。もし、退職に失敗した際には全額返金保証もついているため、お金の心配はございません。

退職代行「辞めるんです」では、現在抱えているお客様悩みや不安をや真摯に受け止め、スケジュール調整などはLINEで迅速かつ丁寧にヒアリングし、対応していきます!

退職代行サービスでは数少ない有休消化サポートも行っているので有給を消化しきれていない方は辞めるんですがおすすめです!

第10位:Re:Start

リスタート

料金
(正社員)
40,000円⇒20,000円 料金
(アルバイト)
30,000円⇒10,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 予約で24時間対応 おすすめ度 ★★★

業界最安値!!お手軽価格でスピード退職!!

Re:Startは、退職代行サービスの利用開始から退職が完了するまで期間限定キャンペーンにより、正社員・契約社員の方は従来の半分の額20,000円アルバイト・パートの方は3分の1の価格の10,000円での退職が可能です!

他の退職代行サービス会社と比べると、アルバイトの方だと半額以下の値段での退職が可能になっています。店長や先輩社員からのしつこいパワハラ、セクハラに耐えきれない方にはおすすめです!

嫌な上司や店長に二度と顔を合わせず退社可能!退職届の提出や貸与品の返却もRe:Startに提出したら即解決です!

また、今すぐに辞めたい方でも安心の即日退社システム。そして、全額返金保証もあり、安心して利用していただけます!

近頃、力を付け始めてきている退職代行Re:Start。コスパ良く退職をしたい方にはもってこいのおすすめ退職代行サービスです。ぜひ吟味してみてください。

《こんな悩みを持っている人はRe:Startがおすすめ》

 

・格安で退職したい!
・その日にでも退職したい
・会社の人に会うことなく退職したい
・アルバイトやパートである

・バイト先にもう行きたくない
・誰にも知られずに退職したい

・懲戒解雇になりたくない

・離職票などの書類がちゃんと欲しい

ランキング外おすすめ退職代行サービス

上記でおすすめした退職代行の他にも数多くの退職代行サービスが存在します。

全額返金保証や、即日対応、弁護士や労働組合しか行えない有給消化や残業代請求等、それぞれの退職代行サービスならではの強みが存在します。

是非自分に合った退職代行サービスを見つけてみてください。

退職のススメ

料金
(正社員)
25,000円 料金
(アルバイト)
25,000円
クレジット
決済
無し LINE相談 有り
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
有り
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

人材会社運営のため再就職支援で辞めた後のサポートも充実!

退職のススメは業界最安値クラスの25,000円で退職サポート。
人材会社を運営しているため、再就職支援の実績が業界ナンバーワンとなっている業者です。

また弁護士サポートで有給取得の請求も対応可能です。
24時間365日の対応時間即日退社も実現してくれる急成長の退職代行サービスとなっています。

とにかく安く依頼したい!
再就職の支援も欲しい!
という方は退職のススメがおすすめです!

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュ

料金
(正社員)
30,000円 料金
(アルバイト)
30,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金
保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

円満退社を即日サポート!気軽に無料相談!

退職代行コンシェルジュは、厚生労働大臣認可の人材会社が運営するサービスです!

どんな職種でも返金保証付き、30,000円で退職代行の依頼が可能。

退職成功率100%のコンシェルジュにスマホ一つで相談ができ、LINEの24時間対応も行っています。

また、労務に長けた人材会社のコンサルタントが賃貸契約などの書類手続きや、無料就職支援サービスも行っています!

退職代行コンシェルジュはあなたの勇気を応援します!

辞め恥

辞め恥

料金
(正社員)
50,000円

29,800円
料金
(アルバイト)
40,000円

29,800円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用
無し
全額返金保証
対応時間 24時間
365日
おすすめ度 ★★★

辞めるは恥だが役に立つ!退職後の失業サポートまで!

辞め恥では、24h対応で即日退職をサポートしています!
正社員・パート・アルバイトなど勤務形態に関係なく
29,800円で代行依頼が可能です。

全額返金保証や有休取得サポートも行います。
退職サポートもあるので、検討中の方は気軽にLINEで相談してみてください!

DropGate

ドロップゲート

料金(正社員) 18,000円 料金(アルバイト) 18,000円
クレジット決済 LINE相談
オプション費用 追加費用無し 全額返金保証 記載なし
対応時間 記載なし おすすめ度 ★★★
おすすめポイント!

即日退社可能!

強い味方!

退職お祝い金10万円!

退職を伝えるのには勇気が必要です。そんな勇気が出ず、なかなか退職を伝えられずに時間だけが過ぎてしまう日々。

給与は上がらず、成長が望めない環境に必要は果たしてあるのでしょうか?

退職代行「DropGate」は退職することが出来ない皆様をサポートしてくれます。

正社員・アルバイト・派遣社員一律の18,000円での最短即日退社!まずは気軽にご相談から。

あおぞらユニオン

あおぞらユニオン

料金(正社員) 50,000円 料金(アルバイト) 40,000円
クレジット決済 LINE相談
オプション費用 追加費用無し 全額返金保証
対応時間 24時間365日 おすすめ度 ★★
おすすめポイント!

会社との交渉が可能!

労働関係の国家資格である社労士、弁護士資格を持った執行委員が対応!

退職代行「あおぞらユニオン」では、社労士または弁護士資格を持った執行委員が会社と交渉し、お客様が有利になるような退職を成立させます。会社との交渉ができるのは弁護士と労働組合だけです。

他にも、どのような問題が起こっても安心してご相談頂けるサポート体制や退職できなかった際の返金保証もございます。

さあ、あなたも退職代行で手間もストレスなく新しい未来へ踏み出しましょう。

まさ所長

ここから先は、退職代行サービスに関連した、様々な疑問について解決していきます。
よろしくお願い致します。

悩む人

退職代行についてのよくある質問

退職代行についてよくある質問をまとめてみました。

あなたの退職代行に関する不安をなくすことができたら嬉しいです!
(ほかにも質問がございましたら下記のフォームからお問い合わせ願います)

【一般的な質問】


値段・料金の相場は?

雇用形態にかかわらず3~4万円の退職代行サービスが多いです。

詳しくはこちら→「退職代行の費用や相場って?厳選した退職代行サービス5社で徹底検証!


失敗やトラブル問題、引継ぎは?

退職成功率100%を継続しているサービスに無料で相談してみましょう。
「SARABA」、「男の退職代行」、「わたしNEXT」など当サイトがおすすめしている業者は成功率100%が多いです。また失敗例もあるので合わせてご覧ください。

詳しくはこちら↓

退職代行サービスの失敗話を聞くことが出来たのでマトメタ


退職代行とは?

退職代行サービスとは依頼者に代わって、会社に連絡をし、退職に関する全て代行してくれるサービスのことです。
その後退職に伴う必要な連絡事項があれば、代わりに間に入ってお伝えすることもあります。

詳しくはこちら→「退職代行サービスとは?利用者層は?どんな人が利用しているの?


どんな人が利用しているの?

年齢は20代~30代までの方々が利用されていることが多いようです!
また、性別は圧倒的に男性の方が多いように感じます。

詳しくはこちら→「退職代行サービスとは?利用者層は?どんな人が利用しているの?


利用の流れは?

1. 電話、メール、LINEで問い合わせする
2. 申し込みの意志を決める
3. 入金する
4. 入金後ヒアリングシートを送るので、それに回答する
5. ヒアリングシート回答後、業者が会社に連絡する
6. 退職届や貸与品を送っていただく
7. 後日、離職票などが届く

詳しくこちら→「退職代行の流れはどんな感じ?サービス利用時の注意点


 必要な日数は?即日退社は可能?

ほとんどの退職代行サービスが即日退社に対応しています。

詳しくはこちら→「【即日退社】そのプロセスは?本当にできるの?


電話で退職していいの?

はい、可能です。しかしよくない印象をあたえるかもという点は考慮しましょう。

詳しくはこちら→「【例文あり】退職は電話のみでもできる?4つの注意点を確認しよう


有給や退職金は?

基本的に対応してくれますが、業者によって返事が異なります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

詳しくはこちら→「退職代行を使って辞めても有給消化はできるのか?おすすめ退職代行サービス紹介!


本当に退職できるの?

退職率100%の退職代行サービスがいくつかあります。

詳しくはこちら→「退職率100%!失敗経験のない退職代行を紹介!」


退職代行サービスの見分け方、着目するべきところは?

実績(退職率など)、料金、体験談などになります。


弁護士と代行業者の違いは?

1. 退職手続きを”全て”任せられる
2. 損害賠償のリスクにも対応できる
3. 退職金、残業代、有給の請求ができる

詳しくはこちら→「退職代行サービスと弁護士事務所の違いは?徹底比較!

詳しくはこちら→「退職代行は弁護士にするべき?


【職種や雇用形態別の質問】

アルバイトでも使えるの?

はい、使えます。業者によっては正社員よりも安い料金で利用できます。

詳しくはこちら→「退職代行でアルバイトを辞めることは可能。おすすめサービスも紹介!


派遣社員の場合どうしたらいいの?

派遣社員の方でも退職代行サービスをご利用になれます。しかし一般企業と違い部分が多少あるので詳しくは以下の記事をご覧ください。

詳しくはこちら→「退職代行は派遣社員でも利用できるが注意が必要!!おすすめサービスも紹介


公務員でも使えるの?

はい、公務員でも利用することは可能です。しかし一般企業と違う部分がいくつかあるので詳しくは以下の記事をご覧ください。

   詳しくはこちら→「公務員も退職代行を利用できるの!?

ほかにも疑問点や質問などありましたらご連絡ください!!

退職者の増加

退職届

現在、全国の労働局に寄せられる相談は「退職」に関するものが増え、これまで多かった「解雇」の相談を上回りました。また、転職市場が盛り上がりをみせ、「終身雇用・年功序列」という考えが薄れてきていることも退職者の増加を促進しているように思います。
さらに、インターネットの普及に伴うSNSの広まりで会社を辞めたい人同士のコミュニティーがより身近なものになったことも理由の一つとして挙げられます。

会社に対しての不満

ここで、労働者は会社に対してどんな不満を持っているのか見てみましょう。横軸は検索語句、縦軸は検索ボリュームを表しています。

annoy
引用:Googleキーワードプランナー
まず、グラフを見ると全体的な検索回数の増加に目が行くでしょう。
ほとんどの項目で約2倍にまで伸びているのは驚きでした。

退職に関しての検索も多いですが、他にも残業やハラスメントなどの検索ボリュームの増加から、これらは職場と何らかの関係があると捉えることが出来るでしょう。
ハラスメントは、セクハラやパワハラなどといった職場に関係性の深そうな検索語句もボリュームを増やしていました。

人間関係に悩みがあって退職したいという人が「会社の人と顔を合わせたくない」と思うのは至極当然な考えです。
さらに、直接上司に伝えたとしてもさまざまな理由をつけて、そう簡単には退職を認めてくれないのが現状です。
そして、そんな悩みを解決してくれるのが退職代行の良さであり、ここにニーズが生まれています。

退職代行賛成派と反対派

yes or no

賛否両論激しい意見のぶつかり合いが起こる退職代行サービス。

最近では、動画配信サイトだけでなくテレビ番組でも退職代行について取り扱われるようになってきました。
そこで指摘されている退職代行の問題について賛成派の意見と反対派の意見を交え見ていきましょう。

退職代行賛成派

まずは賛成派の意見です。

  • 精神的に病んでしまったりするなら仕方ない
  • 上司に引きとめられる時間が無駄
  • 会社に行かなくていい
  • 入社すぐだと辞めにくい人なら仕方ない
  • 急に会社来なくなった理由が聞ける
  • 退職意思を示さず消える人より何倍もいい
  • 会社の上司や雰囲気が怖いのは同意できる

意外にも多かった意見は「退職意思を示さず消える人より何倍もいい」などの意見でした。企業側としては突然連絡が取れなった社員の場合、退職届も受理することが出来ないので手続きがとても難儀だとの意見が多く見られました。

他にも上司に引きとめられてしまって中々退職することが出来なかったり、退職するまでの勤務中に嫌味を言われたり、いじめを受けることもしばしばあるそうです。

退職代行反対派

次に反対派の意見です。

  • 自分で言えばいい
  • けじめぐらい自分でつけろ
  • 責任感がない
  • 会社にお世話になったのにどうかと思う
  • お金がもったいない

特に目立った意見は、「自分で言えばいい」等の意見でした。これだからゆとり世代は..と思われる方が多くいました。

他にも「退職するのにお金を払うのはどうかと思う」等の意見も多く存在しました。自力で退職できるのであれば料金はかからないですもんね。

主に賛成派の意見は20代から30代に多く、労働環境が悪い方々。反対派は50代から60代に多く、比較的良い労働環境の方々のイメージでした。
賛成派や利用者の方はパワハラや長時間労働に悩まされている方もおり、実際に利用経験のある方はSNSで、毎日仕事の愚痴をこぼしていました。

また、賛成意見でも反対意見でも社会人としての自覚や自己責任という点が指摘されていましたが、何も言わずしらばっくれるのではなく、他人を介してでも自分の意志をしっかりと伝えようという心意気には真面目な日本人の性格が現れていると思います。
そう考えるとこのサービスが日本独自のものであることも納得できますよね。

本来、退職代行サービスは自分で辞めたくても辞められない方のためのサービスです。
利用者の方はノルマ達成や過剰な仕事量のための残業、上司からのパワハラ・セクハラといった人間関係を退職理由としてあげています。

ここには「退職者の増加→仕事量の増加→退職」という悪循環があると考えられます。
これに対し、会社はしっかりと対策をしていかないと退職者が増える一方になってしまうことは明らかです。

退職代行というサービスで退職したくても退職出来ない人を救っていることは間違いないですが、すべての人がストレスなく働き、直接退職の意思を伝えられるような職場環境を作り上げていくこと大切なのではないでしょうか。

退職・入職が多い業界ランキング

どんな業界の人が仕事を辞めて、新しい道に進むことを選ぶのか調べてみました。
まずは、離職率が多い業界のランキングです。

ユキゆき

やっぱり飲食とかが多そうだな

退職率が多い業界ランキング

  1. 宿泊業、飲食サービス業
  2. 生活関連サービス業
  3. その他サービス業
  4. 教育、学習支援業界
  5. 医療、福祉業界
  6. 不動産業、物品賃貸業
  7. 小売、卸売業

出典:「平成30年雇用動向調査結果の概要

サービス業が圧倒的上位を占めていますね。

ユキゆき

休日出勤やお客の質に左右されるお仕事なので大変です。。

なやむ1悩む人

ほんとに忙しいときにどうでもいいことでクレームをつけてくる人とかいますもんね。。

あとは最近ニュースによく取り上げられるようになった福祉業界、学習業界も多いです。
サービス残業や保護者とのやりとり、休日の部活動出勤など、とにかく給料が低くならざるを得ない構造なのでしょうがないですね。
それが本当に好きならとてもよいお仕事だと思うのですが、やりがい搾取に陥って精神を病む人も多いので気を付けるべきです。

うつ病は深刻な現代病ですし、日本ではなんと15人に一人がうつ病経験者です(申告してない人も多数いると思うので実際はもっといると思います)。
精神を病んでしまったら入院費やリハビリ費がかかり、なにより社会復帰に時間がかかるので戻るのが大変になります。

次は退職した後に、入職する割合が多い業界をみていきます。

入職率が多い業界ランキング

  1. 宿泊業、飲食サービス業
  2. 生活関連サービス業、娯楽業
  3. その他のサービス業
  4. 不動産業、物品賃貸業
  5. 教育、学習支援業
  6. 医療、福祉業

ほぼほぼ順位は変わりませんね。
おそらく求人が多いのでしょう。宿泊業をやめて娯楽業にはいったりする人も多そうです。

いろいろ紹介してきましたが、どの業界、どんな職種につこうと最後は結局「一緒に働く人」に落ち着くと思います。

人間関係が離職率にもっともかかわるということですね!

まさ半身2まさ

仕事自体はどんどんでてくるし、求人も減ることはあまりないと思います。
ただ社員を大事にしないでもどんどん求職者がくるので問題ないと考える企業がこういったランキングで上位にでてくるようなところには多く当てはまります。

大切なのは精神を病む前に辞めること。

そして、しっかり休んで冷静な判断ができるようになってから転職活動をはじめることだとおもいます。
転職するまでの休養中は日雇いのアルバイトを使っていたという方もたくさんいます。

退職率の高い業界の個別記事もありますので、是非読んでみてください!

  1. 【おすすめランキング】ホテルマンにお薦めの退職代行【2020年版】
  2. 【おすすめランキング】コンビニ店員にお勧めの退職代行【2020年度版】
  3. 【おすすめランキング】看護師にお勧めの退職代行【2020年度版】
  4. 【おすすめランキング】飲食店勤務にお勧めの退職代行【2020年度版】
  5. 【おすすめランキング】学習支援業にお勧めの退職代行【2020年】

転職者の平均年収とは

money

現在、日本の平均年収は408万円です。

このうち転職者の平均年収は平均328万円です。(当サイト調べ)

2019年の職種別年収をみるとTOP3が専門職(コンサル・監査法人・専門事務所)、企画管理職、技術職

ワースト3はクリエイティブ、事務、サービスという順位でした。

転職で収入は上がるのか

転職する際、多くの方が今以上の年収を受け取りたいと考えております。実際に可能なのでしょうか。

大手転職サイト:リクナビNEXTによると、転職者のうち7割が給与UPを実現したというデータがあります。

一方で「転職をするより、一つの会社で働き続ける方が生涯年収が高い」ということを耳にしたことがあると思います。

この情報、実はどのタイミングで転職するかによって大きく異なります。厚生労働省の「転職者実態調査」をまとめると、50歳以上の2人に1人の割合で年収が下がるということが分かりました。

20代、30代のうちは転職による給与アップが望めます!

しかし、転職者の中には私の友人のように年収が下がってしまったかたもいます。

その友人Kは不動産会社に勤めており、某高収入不動産会社から声のかかるほどの方でした。そんな折、別の会社から口約束で1000万以上は約束するというお声を頂き、その言葉を信用して転職したのですが、蓋を開けてみると年収600万円。1000万円に行かないどころか以前の年収さえ割ってしまったのです。

このようなことにならないためにも、大切なことは口約束ではなく、書面にして貰うようにしましょう。

退職代行を利用する人の年収変化

退職代行利用者は自己完結で退職手続きを行う方に比べ、お金を重視していない傾向にあるようです。

おそらく、お金よりも職場環境の悪さが原因で退職したいと思う方が多いからでしょう。転職先を決める基準としても「やりたい仕事ができる」「職場環境が良い」「待遇が良い(金銭面を除く)」ということがトップ3に上がっています。

生きていく上でお金は大切ですが、それ以上に精神的・肉体的健康が大切であるということを 退職代行利用者は身をもって認識しているのですね。

激務の業界ランキング

  1. 小児科医・産婦人科医などの医者
  2. 営業職(商社)・先物取引営業(飛び込み)
  3. 営業職(生命保険) コンサルタント
  4. テレビ局AD・新聞記者
  5. 飲食店店長
  6. システムエンジニア
  7. 介護・看護師
  8. 長距離トラック・高速バス運転手
  9. MR・雑誌編集者
  10. アパレル・パチンコ

出典:給料BANK

営業職や、マスコミ系、医療従事者やサービス業に携わる人がランクインしました。

ここに挙げられている職業に就いている方は、過労死ラインの100時間を超えるほどの労働をしているような方も多いです。

これらの職業に共通していることは「労働集約型」の仕事であるということです。

※労働集約型の仕事とは、事業に営む上で、人的労働に依存する割合の大きい仕事のことをいいます。
主に、飲食店やコンビニ、アパレルなどのサービス業や医療従事者に多く見られます。

労働集約型の仕事は大人数で身体を動かして仕事をしなければ成り立たないので、精神・身体共に追い詰められる人も少なくありません。

そのため、激務を避けようとするならば、既得権益に肖るような働き方をすると良いでしょう。

例えば、国鉄やタバコ、東京証券などの業種です。(業界のトップシェア限定)

また、その業界の中でも、ブラックな会社とホワイトな会社がありますが、会社の風土によって経営体制は異なることが多いので一概にこういう会社がホワイトだ、と決めつけることは出来ません。

ですが、ある程度の予測を立てるために必要なのは「時勢を読むこと」です。

例えば、今であれば新型コロナウイルスによる影響で在宅需要が高まっているので、在宅に必須なIT関連の仕事は今非常に儲けることが出来ます。

そのため、IT関連の仕事に対する転職需要は非常に高まることが考えられるので、いま転職をしようと考えるならば、デジタル関連の仕事に就くことが一つ良い選択肢といえなくもないでしょう。

ブラック企業の見分け方

入ってみればわかるブラック企業も、入る前はホワイトなところしか教えてくれないので、わからないですよね。

ブラック企業に入社をすれば、貴重な時間だけではなく、すぐに退社をすることで自分の経歴にも傷がつくことになります。

そのため、企業選びは非常に慎重に行う必要があります。

ここでは、ブラック企業の見分け方を4つの基準からお伝えします。

①極端に賃金が高い・安い

賃金が安いので、ブラックであるというのは、比較的わかりやすい基準ですね。

しかし、極端に高い場合も要注意なんです!

なぜかというと、「極端に高いノルマ」「長時間労働」を強制させられる可能性があるからです。

特に、月30万の給料に惹かれて入社したものの実際は見込み残業90時間込みでの給料であった。なんてことも少なくありません。

そのため、高い給料の裏に何があるかきちんと考えて求人を見ることが大切です。

②労働時間が不明確

みなし残業」には注意しましょう。また、1年でこの額を支払いますよといったような、企業にも、注意しましょう。

特にそれが採用時に、不明確な場合は、ブラック企業である可能性が高いです。

③会社の紹介文にあいまいな言葉が多く、実績がない

「!アットホームな社風」「裁量権が大きい!」などのあいまいな良い言葉だけを並べて、実績が伴っていない会社は、ブラック企業である可能性が高いです。

綺麗な横文字を使って、会社のイメージをよくするも、実態が伴っていない場合がほとんどです。

④極端な大量採用を行っている

1000人採用など、特に注力したいような事業があり、そのために採用をするならば、まだ理解できます。

しかし、特に理由もないのに大量採用をしている場合は、使い捨ての社員を大量に採用している可能性があります。

その場合は、採用された社員は会社に使いつぶされることになるので、また辞めても人をとればいいやという考え方になっている可能性があります。

そのため、ブラック企業である可能性が高いです。

失われた残業代を取り返したい!

ブラック企業の中にはサービス残業が蔓延しているところもありますよね。

これを読んでくださっている皆様の中にも、失われた残業代を取り返したいと思う方はいるのではないでしょうか?

その場合は、大きく分けて4つの方法があるので、ご紹介しますね。

会社の相談窓口に連絡

まず初めに、会社の担当部署に未払い分の残業代を支払ってほしい旨を伝えるようにしましょう。

それで取り合ってくれれば良いのですが、それでも取り合ってくれない場合は外部に相談するようにしましょう。

労働基準監督署に連絡

労働基準監督署は労働関連法違反があった場合に、是正勧告と言って、企業に直しなさいと命令することが出来ます。

また、労働基準監督署に行く場合は、サービス残業があったという証拠を一緒に持っていくと、スムーズに話が通ります。

しかし、この是正勧告にはサービス残業を支払わせるような法的拘束力があるわけでないので、これで解決がしない場合は労働審判になります。

とはいっても、労働基準監督署が出てくれば、たいていの会社は是正勧告に応じ、残業代の支払いに応じてくれるケースも多いので、相談しましょう。

労働審判

上記の労働基準監督署による是正勧告でも、会社が応じない場合は労働審判になります。

審判員の前で審議が行われ、調停が成立すれば、その時点で解決になりますが、調停が成立しない場合は、裁判になります。

労働裁判による訴訟

労働審判の結果に不服がある場合、労働裁判による訴訟手続きに移ります。

訴訟になった場合は、裁判所で双方の主張を聞いたうえで、和解を最終目標にしてはいますが、和解もできないと判断された場合は、裁判官が判決を下します。

退職代行の口コミ(Twitter)

Twitterにリアルな退職エピソードがあがっていたので載せておきます。

かなりバズってることもあり退職代行が世間に認知されてきたと感じます。

さいごに

退職は人生の大きな別れ道!
”表面的な情報”だけで利用サービスを決めるのはとても危険なんです。

まさ顔1まさ

なやむ1悩む人

うん。よくわかった。今回のおすすめランキングで紹介してくれた退職代行サービスのサービス内容について詳しく知りたいんだけど…
各業者の詳しい内容の記事もあるから参考にしてみてください!

まさ顔1まさ

ナヤム2悩む人

ありがとう!自分にぴったりの業者を探してみるよ!

各サービスの詳細情報はこちらでまとめております。口コミやサービスの特徴も記載しているので気になった方はぜひご覧ください!
なかには似たようなサービスが多くてどれを選んだらいいのかわからない!という方もいると思います。そのような方は料金や実績、評判などを比較したおすすめランキングの1位~3位の中から選ぶと良いでしょう!

また、Youtubeでも退職代行を使った人のインタビューや退職代行サービスの方が登場する動画などがUPされています!このおすすめランキングに掲載している業者も登場しておりますので、お時間のある時にぜひご覧ください!

Pick Up記事

各都道府県のおすすめ退職代行一覧