【今すぐ辞めたい】退職代行はアルバイトやパートでも使えるの?

バイト・契約社員 退職代行 使えるのか

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、28,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

バイトを辞めたいのに全然言い出せない、、、

皆さんの中にもこういった経験のある方が多いのではないでしょうか?

私自身接客が苦手で、学生時代アルバイトをしていて何度も辞めたくなった経験があるので、自分から言い出しづらいという状況が痛いほどわかります。そして、そんな時におすすめなのが「退職代行」です。ここからはアルバイトやパートを退職代行で辞めるメリット・デメリットを説明していきます。ぜひメリット・デメリットをしっかり理解した上で、退職代行の利用を検討するようにしていただけたら嬉しいです。

アルバイトでも退職代行は利用できる?

退職代行 本人確認

まず、アルバイトの方でも退職代行を利用することは可能です!アルバイトの退職は正社員や契約社員などの退職と比べると、簡潔で手続きも少なく済むことが多いので、通常の退職代行料金よりも割安に料金が設定されていることが多いです。

アルバイトで退職代行を利用される方は少ないと考えられがちなんですが、そんなことはありません。正社員とは異なりバイトは替えのきく「労働力」として扱われがちで、むしろアルバイトの方が退職代行を利用する理由は多いです。具体的には、上司が理不尽にダメ出しをしてきたり、度々サービス残業を要求されたり、人手が足りないからと辞めることを拒まれるなどして、辞めたいのに辞められない状態に陥るケースが挙げられます。そういった方々が退職代行を利用することでスムーズに退職することが可能になります。

アルバイトが退職代行を利用するメリット

退職代行 アルバイト 飲食

ここからは、アルバイトの方が退職代行を利用するメリットについてご紹介します。

  • 自分は何もしなくても良い!
  • 即日退社しやすい!
  • 退職と一緒に有給消化が可能

自分は何もしなくていい

アルバイトは正社員のように退職届を始めとした書類の提出義務がほとんどありません。なので退職代行に申し込めば後は待つだけ、自分は何もしないで退職することが可能です。職場の同僚に会う必要も一切ないのでとても気軽ですね!つまり、アルバイトは辞めたい瞬間にすぐ辞めることができます。これはまさに”アルバイトならでは”の特権だと言えるでしょう。

注意点は制服や靴など会社に借りているものがある場合は、必ず事前に返却しておきましょう。返却し忘れると退職完了後に会社とやり取りをする可能性が高くトラブルの原因になりやすいです。

即日退社しやすい!

民法627条によると、2週間前に申請を出すことで労働契約は解除できると記載されています。しかし、職場での責任者の承諾を得ることで労働者は自由に退職できるケースが非常に多いです。

正社員の場合、上司に直接連絡をしてから退職が完了するまでに約2か月近くかかってしまいます。会社の規模や、自身の仕事のボリュームを考慮すると、自力で退職する場合そのぐらいの期間がかかってしまうのは仕方がないことだと思います。アルバイトの場合、日々の業務はほぼ変化しないため代用が非常に効きやすいです。また、正社員に比べ退職までに必要な書類や手順も少ないため、即日退社がしやすいと言えます。

会社からしても即日退社するバイトは特別珍しいわけでもないので、即日退社をダメ!と言われることは少ないでしょう。

退職と一緒に有給消化が可能

アルバイトやパートの方も条件を満たしていれば有給休暇を取得できます!

  • 半年以上継続して勤務していること
  • 決められた出勤日の8割以上に出席していること

上記の2つの条件を満たしていれば有給は与えられると労働基準法で定められています。大体週3勤務だと半年で5日分の有給の権利が得られます。有給の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

給与袋退職代行を使って辞めても有給消化って出来るの?【損してるかも?】

きっと、バイトで有給を受け取れることを知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。それに、もしそれを知っていたとしても、辞める時に「有給を全部使ってから辞めたいです!」とはなかなか言い出しにくいですよね。そういった時に退職代行サービスを利用すれば、退職手続きだけでなく有給消化の交渉まで行ってくれるので、有給の日数によっては退職代行料金が実質無料になる可能性があります。

おすすめの退職代行はこちら

退職代行 ニコイチ 他社比較退職代行ニコイチの評判と特徴を徹底解説!【2021年】

アルバイトが退職代行を利用するデメリット

アルバイトが退職代行を利用することで起きるデメリットも紹介しておきます。

  • 料金が高い
  • 有期契約がある場合は慎重に!

料金が高い

大多数の方に共通するデメリットが退職代行はお金がかかるということです。正社員よりアルバイトの方が安くなるとは言っても、安くても2万円弱はかかるので経済的な負担になります。ただ安すぎるとサービス内容に足りない点が出てくるので、悩みどころですね。

できるだけ安く退職代行を利用するためにも有給消化が使える状況なのかどうかは必ず確認しておきましょう。それだけで数万円分得になるはずです。

有期契約がある場合はリスクが大きい

アルバイトでは職場の責任者の承諾を得れば、労働者は自由に退職できる場合が多いです。しかしアルバイトの中には一部、契約期間が設けられている場合があります。その場合は注意が必要です。期間が定められている契約を結んでいる場合、期間中に勝手に辞めることは下記の通り責任を負わされてしまう可能性があります。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

実際は、会社側に損害賠償を起こすメリットがないので心配する必要は無いんですが、期限内に理由もなく勝手に辞めてしまうと会社側と揉めるかもしれないというリスクがあるということは把握しておいてください。

まとめ

Satisfaction

アルバイトが退職代行を利用する際のメリットデメリット理解していただけましたか?良し悪しを把握した上で、前向きな選択をされることを祈っています。

勇気をもって一歩踏み出すことで、新しい世界を切り開きましょう。

自分に合う退職代行サービスを知りたい方はこちらを試してみてください。

まさ顔1まさ所長

退職代行 相性診断