退職代行Re:Startの料金・評判をわかりやすく解説!

リスタート 退職代行他社徹底比較

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、28,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!
今回は業界最安水準を誇る退職代行「Re:Start」について紹介していきます!

まさ半身2まさ所長

ナヤム2まゆみ

他の退職代行サービスに比べてすごい安いですね!
そうなんです!金額以外の魅力についても記事内で触れていきたいと思います!

まさ半身2まさ所長

料金22,000円
対応時間予約で24時間対応
実績★★☆☆☆
評判★☆☆☆☆
総合評価★★★☆☆

業界最安値!今すぐ退職でリスタート!

「Re:Start」の申込はこちら➤

退職代行Re:Startの口コミ

退職代行 リスタート 口コミ

良い口コミ

退職代行「Re:Start」の公式HPやSNSで情報収集をした結果、良い口コミを見つけることはできませんでした。ただし、退職代行「Re:Start」のサービスが悪いというわけでは決してなく、公式HP含め、そもそも口コミを公開している方が少ないように感じました。

悪い口コミ

Twitter人 アイコン

HIDEKI

@HIDEKI73837664

退職代行「Re:Start」に依頼しましたが担当者の態度は悪いしほとんどムダでした。結局会社とのやり取りは自分でやらないといけない状態です。

 

こちらは実際にTwitterにて、退職代行「Re:Start」のサービスを利用した方からいただいたコメントです。退職代行「Re:Start」は、22,000円という業界最安値ということもあり、サービス内容は充実したものと言えない側面があるのかもしれません。

退職代行Re:Startのおすすめポイント

退職代行リスタート おすすめポイント

業界最安値として有名な、退職代行「Re:Start」。

なぜこのサービスが選ばれるのか、その理由ををまとめました。

①業界最安水準の価格での退職が可能!

②すぐに辞められる即日対応!

③会社への連絡が不要

④全額返金保証付き!

①業界最安水準の価格での退職が可能!

料金22,000円

なんと言っても、最大のポイントは業界最安値。退職代行「Re:Start」では、期間限定キャンペーンで全ての雇用形態が同じ22,000円で退職が可能です。

以下が各主要退職代行サービスの料金体系です。

サービス

ニコイチ

退職代行 ニコイチ詳細を見る

SARABA

退職代行 SARABA詳細を見る

Jobs

退職代行Jobs詳細を見る

料金27,000円25,000円27,000円
公式HP

申し込む

申し込む

申し込む

 

この表を見て分かる通り、Re:Startが最も安いことが分かりますね。退職代行業界の中でも最安値クラスです!もちろんこの料金には、回数無制限の相談などの様々なサービスが含まれています。そのため、追加料金は一切ナシ!安心して依頼することができます。

②すぐに辞められる即日対応!

出勤したくない、今すぐ会社を辞めたい!そう思っている方には「即日退職」は欠かせない要素の一つです。

退職代行「Re:Start」ではご相談を頂いた当日から対応してもらえ、最速で当日に退職することができます。
また、土日出勤や夜勤があるお客様のお時間に合わせて、休日でも可能な限り対応してくれます。

③会社への連絡が不要!

退職する際に起こる問題として、自ら退職の意思を報告しなけれなりません。

その過程では、上司に退職を止められたり、退職届を受理してもらえなかったりなど、様々な事例が考えられます。

しかし、退職代行「Re:Start」は会社への連絡はすべて代行するので、上司や会社と話す必要はありません。

出すのが難しかった退職届の提出や貸与品の返却も郵送したら対応してくれます。

④全額返金保証つき!

退職代行「Re:Start」では万が一退職出来なかった場合のために全額返金保証がついています。

Re:Startでは退職を失敗するケースは今までございません。それをふまえた上での全額返金保証はまさに「石橋を叩いて渡る」慎重で安心できると言えます。

業界最安値!今すぐ退職でリスタート!

「Re:Start」の申込はこちら➤

 

退職代行Re:Startを利用する際の注意点

退職代行リスタート 注意点

続いて退職代行Re:Startを利用する際の注意点を紹介していきたいと思います。

交渉することが出来ない

退職代行Re:Startは一般的な退職代行サービスですので、有休消化・給料の未払い・退職金の支払い等の請求、交渉が一切できません。
そのため、残業代・慰謝料・退職金等の権利を取得する事が難しいです。日ごろから残業を強いられ、未払いの状態が続いている方にRe:startの利用はおすすめ出来ません。

退職だけでなく、残業代・慰謝料・退職金なども求める方は、交渉業務が可能な弁護士が必要になります。ただ、実際のところ弁護士でなくても有給消化や退職金の回収はできることがあります!

あなたが求めている退職代行サービスを知るためにも、こちらの退職代行診断を受けてみることをおすすめします。

カードが使えない

退職代行「Re:Start」ではカードでの支払いが出来ず、お振込みのみとなっております。そのため、後払いや分割払いは不可となっていて、銀行振り込みのみなので、そこは少し不便ですね。まあ、そこまで大きなデメリットではないですが、キャッシュレスの方などは注意してください。

退職代行Re:Startの対応時間

残業代対応業者サムネ

退職代行「Re:Start」では10時~22時となっております。しかし、どうしてもというお客様に限り、予約をしてもらい24時間対応をしています。そのため土日平日問わず忙しく、暇がない方も利用しやすいです。予約をするのはとてもめんどくさい一手間ですが、無料相談に時間制限をかけていることで人件費を浮かし、その浮いたお金でサービス料金をより安くできているんだと思います。

退職代行Re:Startの利用の流れ

退職代行Re:Start 利用の流れ

では実際にどのような流れで退職するのか、解説していきます。

  • STEP.1
    ご相談
    まずは退職にあたってのご要望をご相談ください。相談は何度でも無料です。
    即日希望、会社と連絡とりたくない、有休を消化したいなど様々なご希望を承っております。 
  • STEP.2
    お振込み
     お客様の雇用形態(社員・アルバイト)に応じて固定の代行費用をお振込します。
    ※振込の控えを送っていただくとその日より、実行可能です。
  • STEP.3
    ご退職

    Re:Startが退職に必要な連絡を代行してくれます。
    退職が完了するまで、電話・LINE・メールにて回数無制限で対応してくれます。

業界最安値!今すぐ退職でリスタート!

「Re:Start」の申込はこちら➤

 

退職代行Re:Startの決め手

yes 1

正直、退職代行サービスはたくさんありサービス内容も似ているサービスが存在します。

そのなかでなぜRe:Startを利用したのか、その決め手をまとめてみました。

  • アルバイトに優しい
  • すぐに辞められる
  • 値段がぶっちぎりで安い

この結果を見ると辞めようと思った日に辞められる即日退社、他のサービスと比べた際の圧倒的な値段の安さに魅力があるのだと感じます。

退職代行Re:Startへのよくある質問

本当に退職できるの?

数百件のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったケースというのは今までに一件もありません。 そもそも、誰にでも退職する権利があります。

会社から本人に連絡くるの?

ご本人には連絡しないようにお伝えしますので、連絡が来るケースは少ないです。ただ、強制力が無いため本人に連絡が来るケースもありますが、その場合は弊社がただちに対応させていただきます。

懲戒解雇になるの?

当社は円満退職を前提としております。 退職の意思を伝えたことによって「解雇にする」と脅してくる会社もありますが、解雇するには相当の理由が必要です。 逆に、労働者に対し解雇をチラつかせ安易に脅す行為は、会社側の不法行為を構成します。 安心して相談ください。

業界最安値!今すぐ退職でリスタート!

「Re:Start」の申込はこちら➤

 

会社情報

退職代行「Re:Start」は東京都に本社を持つ会社によって運営されています。

会社設立は2015年と最近です。退職代行の他にも美容男子ライターも募集しているそうです。

会社名株式会社another choice
本社住所〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-8 第5スカイビル3F
電話番号03-6721-1600
設 立2015年10月9日
役 員代表:松井 仁志
資本金7,000,000円

退職代行Re:Startのまとめ

  • すぐに辞められる即日対応
  • 会社への連絡は不要
  • 業界最安水準でご提供

他の退職代行サービスも見てみたいという方がいたら、当サイトの退職代行ランキングをご覧ください。