女性が転職する理由と、気を付けたほうがいいこととは?

女性 転職理由 注意

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、20,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

仕事をするにあたって辞めざるを得ない状況、辞めたいと感じてしまうことは誰にでも起こりうることだと思います。

今回は女性にフォーカスを当ててなぜ仕事を辞めたくなるのか、転職をする際の不安とその解決方法、転職する時には何を気を付けたほうがいいのかを伝えていけたらと思います。

これを読めば、

・女性が転職する際の仕事の退職理由

・女性の転職に対するイメージ・不安

・女性が転職する際には何を気を付ければいいのか

が分かります。ぜひ最後まで読んで自信を持って転職に進めるようにしてくださいね!

女性が転職する際の仕事の退職理由

女性転職生き生き

女性が転職した際の退職理由には、結婚が大きく含まれていることが分かりました。

今回は結婚を通して退職した人と、それらを関係なしに退職した人に分けて分析していきます。

結婚を通して退職した理由

1位 結婚したから

2位 人間関係がうまくいかなかったから

3位 労働時間が長かったから、休暇が少なかったから

4位 会社の経営方針に不満を感じたから

既に結婚していた人の退職理由

1位 給与・報酬が少なかったから

2位 新しい仕事が見つかったから

3位 契約期間が満了したから

4位 会社の経営方針に不満を感じたから

独身の人の退職理由

1位 給与・報酬が少なかったから

2位 会社の経営方針に不満を感じたから

3位 労働時間が長かったから、休暇が少なかったから

4位 人間関係がうまくいかなかったから

 

以上のことから、全ての状況に共通して「会社の経営方針に不満を感じたから」という理由がランクインしていることが分かります。

自分の理想としている会社はそう簡単に見つかるものでもないですが、妥協しても許せない、という経営方針はありますよね。

その会社だと窮屈で仕方ない、もうやっていけないと思ってしまったら辞めるのもわかりますね。

また、「給与・報酬が少なかったから」という理由が既に結婚していた方、独身の方に共通して1位であることが分かります。

いくらスキルアップしても給料が上がいますよね。

さらに、「人間関係がうまくいかなかったから」という理由も結婚を通した方、独身の方の2種類で上位にあることが分かります。

人間関係は職業を選ぶうえで重視している人が多い項目だと思います。

やりたい仕事だとしても周りとの関係が悪ければ辞めざるを得ない状況になる、給与が多くもらえても人付き合いが悪かったら…。

辞めたくなるには人それぞれ理由が多くあるのかと思いきや、ある程度固まった理由になるものです。

これから新しい職を見つかる方はこれらのことを考えて探すことが大事だと思いますね。

 

女性の転職に対するイメージ・不安

悩み

女性は転職に対してどのようなイメージや不安を持っているのでしょうか。

1位 出産後の転職は難しい(53.1%)

2位 女性は不利(43.1%)

3位 ライフステージと大きくかかわる(38.5%)

4位 新しい人間関係を構築するのが面倒(25.4%)

5位 収入が減る(24.6%)

6位 若年層が中心(23.8%)

 

まず、1位の出産後の転職が難しいと思われる理由としては、出産した後は子供の世話をしなければならないため、長い時間勤務することが難しくなります
また、子供の都合で転職の面接に行くことすら難易度が高くなります。
これらの条件の悪さから会社側からしたら採用するのは奥手になりがちですよね。

次に2位の女性は不利、という考え方ですが、出産や子育てによりフルタイムで働くことが将来的に難しくなる可能性があることからまだ女性の採用を男性と区別している企業もあるようです。

そこから女性は不利という考え方が出てきてしまうのではないでしょうか。

3位のライフステージと大きくかかわるというのは、どうしても結婚、出産、子育てなどと転機が多い女性だからこその悩みなのでしょう。

4位の新しい人間関係を構築するのが面倒、というのは女性に限ったことではないと思います。
職場を変えるということは必然的に一緒に仕事をするメンバーも変わるということ。
転職をするにあたって新しい人間関係を構築するのが面倒といっていたら転職は見込めないですね…笑

5位の収入が減るということも女性に限ったことではなく、転職をすることで今まで前職で培ってきた地位が相手にはわからないため、一からの挑戦ということで収入が減ってしまうこともあるのでしょう。
しかし、培ったスキルが評価されたり、もともと給与の高さを重視して転職をすればこの考えは解決されるのではないでしょうか。

最後、6位の若年層が中心ということも男女関係なくイメージを持たれていることでしょう。
20代は新卒、第二新卒を募集される年代であります。
それでは、なぜ20代の転職が重要が高いのでしょうか。
これは若年層不足に陥っているためや、未経験の事にもチャレンジしやすい年齢だということも理由の一つでしょう。

では、30代になったら転職は難しいのでしょうか。
それは違います。ただ、20代とみられるポイントが違うのです。
30代になるとスキルが求められるようになり、未経験の業種に転職するということは難易度が上がるでしょう。
しかし、前職で培ったスキルや経験を活かせる職場に付ければ即戦力になれるので転職は難しくはないでしょう。

女性が転職する際に気を付けたほうがいいこと

今までのことを踏まえて転職時に気を付けたほうがいいこととは何でしょうか。
それは、「女性が働きやすい条件のある会社」を選ぶということです。

未だに女性が仕事をすることに理解が低い企業もあり、その環境に属してしまうと後々辛い思いをすることがある可能性は上がってきます。

それでは、何を基準に女性が働きやすい会社かを見極めればいいのでしょうか。
この制度があったら働きやすいと言える、というものをピックアップしました。

ワーク・ライフバランス

この言葉は耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
この言葉の定義を内閣府は「誰もがやりがいや充実期案を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる」こととしています。

もちろん、仕事とプライベートの理想的なバランスは人によって違いますが、日本人の真面目さからか、世界から見ても働きすぎ、といわれています。
このワーク・ライフバランスを考え直し、残業の削減や育児・介護休業制度の充実などを重視している会社も増えてきています

ホームページなどから考え方を知れるので、是非チェックしてみてくださいね。

くるみんマーク

くるみんマークとは従業員の子育て支援など、少子化対策に積極的に取り組む会社を認定するマークです。

このマークを与えられる条件としては、「女性の育児休業等取得率70%」、「3歳から小学校就業前の子供がいる従業員を対象に、育休や勤務時間の短縮といった制度を実施している」ということです。

これに認定されていれば仕事と子育ての両立も他の会社より圧倒的に楽にできそうですね。
また、この取得を確認するには、ホームページをチェックしたり、商品にも記載されていることがあるので是非確認してみてください。

ポジティブ・アクション

ポジティブ・アクションとは女性の労働に対していいイメージを持たれないのでは、ということを気にしたものです。

能力次第で性別にかかわらず管理職にと要される昇進制度を設けたり、性別による役割分担を排除したりなど、何らかのアクションを起こしている会社には、女性従業員を快く受けいれてくれる風習があると言えます。

そして、このポジティブ・アクションを行っている会社を知るには厚生労働省の「ポジティブ・アクション応援サイト」から検索をかけてみてください!

 

産前・産後休暇、育児休暇

産休、育休の違いを知っていますか?

産休は女性のみ、育休は男女ともに取ることが出来る制度です。

産休、育休はそれぞれ日数が決まっていて、手当金も支給されます。
これらはしっかり知っていないと会社に胸を張って産休、育休に入りますと言えないことがあるので、自分が必要とするものをしっかりと調べておきましょう。

 

短時間勤務制度

この制度は従業員100人以下を含むすべての会社で施行されるものです。

3歳未満の子供を育てている社員が希望すれば一日の労働時間を原則6時間にすることが出来ます。
保育所にお迎えを行きたい親御さんにはうれしい制度ですね。

そして、仕事と家庭、子育てをすべてうまく回すには利用するべき制度なのかもしれませんね。

ですが、例外の条件もあり、この短時間勤務制度を利用できないこともあります。
その時は代替措置もあるので、しっかりと調べて会社に申し出ることが必要ですね。

最後に

女性転職子育て

いかがだったでしょうか。

転職を考えているあなたの力添えになっていたら嬉しいです。

どんな悩みがあってもそれは転職について考えている、ということで、何もしないより十分前に進んでいます。

無理をしすぎず、心の声を聞きながら仕事が出来るといいですね。

良い転職を迎え、幸せな人生を歩めることを願っています。