【仕事辞めたい】退職代行の違法性とは?

当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら! 迷った方は以下から選べば間違いなし!
      
  1. 退職代行「SARABA」
    「辞めたい」と思ったその日に即日退社! 有給休暇の交渉も可能!
  2. 退職代行「男の退職代行」
    どこよりも確実に、どこよりもスピーディーに、男性の退職なら「男の退職代行」!
  3. 退職代行「わたしNEXT」
    そのストレスからすぐ解放。転職だけでなく、企業・独立の相談も可。女性の退職代行なら「わたしNEXT」

近頃話題の退職代行サービスですが、その違法性を指摘されることも少なくありません。
しかし、明確に示された基準を突破していれば、そのサービスが違法であるかないかは判別することが出来ます。

その基準とは?
①代行サービスが出来ることは「退職の意思を伝えること・意思疎通の仲介をすること」のみ!
②上記以外の行為(特に、残業代請求や退職条件の交渉)は弁護士の資格を持っていないと違法!

要するに、退職代行サービスにも2種類があると思ってください!
1つ目が、弁護士の資格を持たないが、一般人が「この人、退職させてください」と頼むサービス
2つ目が、弁護士の資格を持ち、なおかつ、弁護士的な法的な根拠を駆使し、退職サポートをするサービス

以上の2つが、退職代行サービスの大きな分け方だと思ってください。

しかし、サービスによっては社内に弁護士や行政書士の資格を有する人間が居て、そのサポートを受けられるものもあります。今時点でいうと、弁護士による退職代行相談はとても割高になってしまい、そもそも退職代行自体やっていないという方もたくさんいます。なので、社内に行政書士がいるなどの条件で、サービス選びをすることが、損をしないサービスの選び方のコツです。

退職代行は違法なの?

結論から言うと、退職代行が違法かどうかは「場合による」ということになります。

では、その「場合」って何?となると思われますが、それは上記でまとめたように、退職代行サービスは弁護士としての資格を持たない場合に、退職手続きに伴う退職条件などに関わってはいけません。

そのため、一般的な退職代行サービスは、「この人辞めさせてください」とは言えますが、「辞めるにあたって退職金を要求します」などの「退職条件」に関わる要求に関しては、弁護士の資格が無い人が行うと、弁護法に違反して違法行為となるので、そこまでのサービスを弁護士が居ないにも関わらず行っているのは、トラブルに巻き込まれる可能性があるため、利用を控えた方がいいでしょう。

しかし、「社内に行政書士が在籍している」や「現役弁護士が退職代行を請け負う」などの謳い文句が乗っかっている場合は、違法である可能性は全くなく、トラブルにも巻き込まれないので、安心して利用をしてください!

退職代行はどんな人が使っているの?

「辞めたいけど言い出せない…」「上司と衝突するのが面倒だからダラダラ働いてる…」などの人が多いイメージですね。要するに、辞めたいけどその一歩が踏み出せない人が多いです。

ここで考えて欲しいのは、「辞めることは逃げであって、良くないことだ」という思考に対して反旗を翻してほしいということです。なんで、逃げちゃダメなんですか?辛かったら逃げてもいいじゃないですか。凝り固まった考え方で「逃げちゃだめだ」と思い続けて、最終的には精神を壊してしまう人がたくさん居ます。疲弊しなくていいことで、人の良心に付け込んで利用してくる人は一定数います。その人たちから逃げるために、「辞める」ことは一つの選択肢として提示されるべきであると考えています。

特に近現代の日本では前よりももっと転職は一般的なものになってきています。むしろ、転職をしていないと将来の自分の価値が危ぶまれる業界だってあるくらいです。なので、むしろこれを機に自分のやりたいことに挑戦してみたり、自分のキャリアアップのために新しい仕事に挑戦してみたり、出来ることはたくさんあるはずです。しかし、これは大切な考え方なのですが、何かを始める、挑戦するためには、何かを辞めなければなりません。なぜなら、時間は有限だからです。そう考えると、「仕事を辞める=新しい何かを始める」と方程式を結んでみれば、全然「退職」に対してのイメージも変わってくるのではないでしょうか。

違法と言われる所以=非弁行為について

ちょっと専門的な話になってしまいますが、退職代行サービスが違法行為であるという所以として「非弁行為」というキーワードがあります。

結論から言うと、利用者には罰則がないので、関係がないです。しかし、万が一違法サービスを使ってしまうと、会社とのトラブルに繋がったり、警察から事情聴取をされることもあるので、そのような悪質サービスを使わないことは大前提として大切になってきます。

非弁行為とは

弁護士ではないものが、法的な弁護業務を金銭目的で行うこと=弁護士のフリをしてお金を稼ぐこと

上記の行為を行うことを「非弁行為」と言いますが、その中に「退職日時の交渉」や「退職金の交渉」など、「この人会社を辞めたいそうです」以上のことに関して踏み入る「交渉」を弁護士ではないものが行ってしまうと、その時点で違法になってしまいます。

委任状などの記入も違法になるので、事サービスによっては委任状が無いと対応が出来ないので、この委任状に記入してもらってからの対応となる旨を退職代行サービス側に伝えて、その委任状をサービスが送りつけてきたことをきっかけに非弁行為として弁護士法違反で告訴される可能性もあります。(一種のトラップですが)

それほど「退職代行サービス」に退職代行を頼むことは少なからずともリスクがあるのはお判りいただけたと思います。そのため、一番良いのは「弁護士に退職代行を依頼すること」です。しかし、それが叶わない場合に、退職代行サービスを利用するならば、必ず「大手」の信頼と実績のあるサービスを選ぶようにしましょう。誰も名前を知らないような退職代行サービスを利用してしまうと、非弁行為に接触するトラブルに巻き込まれる可能性があり、おすすめはできません。

一番良いのは自分の口で伝えること

私個人として、口をそろえて退職代行をおすすめすることは出来ません。

なぜなら、今までお世話になった身として辞める時も直接面と向かって伝えることが最低限の礼儀であると思うからです。しかも、退職代行の料金は1件につき3‐5万と、決して安い値段ではありません。それならば、勇気を出して自分の口で会社を辞めることを伝えて、今までの自分のお疲れ様とちょっと豪華なご飯を食べて贅沢をしてお釣りの来るくらいの値段でもあります。そのため、口をそろえてお勧めすることは出来ません。

しかし、そうはいってもめちゃくちゃブラックな職場であったり、退職に関してセンシティブな上司であったりなど、直接自分でいうことが難しく、悩み続けた結果、精神を壊してしまったり、うつ病になってしまう人もいることは理解をしています。そのための最後のセーフティラインとして、退職代行サービスは素晴らしいサービスであると自信をもってお勧めすることが出来ます。

無駄に悩んで貴重な人生の時間を浪費するよりかは、先行投資として安くはない値段ですが、退職代行サービスに投資し、自分の人生を次につなげるという選択肢もありなのかもしれません。

退職代行サービスを利用する最大のメリット

taisyoku/botan

これはサービスによるところもありますが、ただ一つ「転職コンサルも同時に行ってくれて、無事転職もかなった場合に、退職代行にかかったお金を全額キャッシュバックするキャンペーンをやっていること」です。

これは、弁護士の方に相談した場合では受けられない民間ならではのサービスであります。

転職エージェントと協定を結ぶことで、辞めると同時に次の職場を探すことが出来ます。これはとても便利で、自分ひとりでは見つけることの難しいような優良企業や、今までの経験のようなブラック企業に当たらないために専門のコンサルタントが相談に乗ってくれるのです。

そうすることで、今の会社に一つの区切りをつけるとともに、新しいスタートを切ることが出来ます!

どのような行動をとるにしろ、悩む前に行動です。早速、次のスタート切ってみましょう!