退職代行「RETIRE(リタイア)」の事例・料金・評判をわかりやすく解説!

RETIRE

当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら! 迷った方は以下から選べば間違いなし!
      
  1. 退職代行「SARABA」
    「辞めたい」と思ったその日に即日退社! 有給休暇の交渉も可能!
  2. 退職代行ニコイチ
    業界No.1の手厚いサポート! 豊富な実績により過去14年間7,135人以上を100%退職に導く
  3. 退職代行Re:Start
    業界最安値キャンペーン正社員退職料金20,000円でのサービス提供!
料金(正社員) 20,000~40,000円 料金(アルバイト) 20,000~40,000円
クレジット決済 LINE相談
オプション費用 10,000~50,000円 返金保証 記載なし
対応時間 9:00~24:00(不定期) おすすめ度

おすすめポイント!

要望に分けたオプションサービス!

RETIRE(リタイア)の料金紹介

正社員 20,000~40,000円
アルバイト・派遣社員 20,000~40,000円

退職代行「RETIRE(リタイア)」では、RETIRE(リタイア)が選ばれる3つの理由の一つに「業界トップの格安料金の実現」と表記していましたが、そんなことはありません。

上に記載されている料金の他に即日対応の場合は追加で10,000円。深夜対応の場合は追加で20,000円。文書連絡料金は1通につき5,000円。記録文書作成料は追加で30,000円もかかります。

さらに、連絡作業料金として10,000円かかってしまいます。(最大割引適用で無料となります)

法律事務所でもない限り、この料金はかなり高額だと思われるのでご利用はおすすめしません。

それでもご利用されたい方は自己責任で…。

RETIRE(リタイア)の対応時間

退職代行「RETIRE(リタイア)」の対応時間は9:00~24:00(不定期)です。

不定期で休んでしまうので、相談したいときに出来ないというケースもあるかもしれません。

そこで、24時間365日対応してくれる退職代行SARABAや辞めるんですなどいかがでしょうか?

詳しい情報については以下の記事を参考にしてみてください。

退職代行「SARABA」の口コミ・料金・評判などをわかりやすく解説!

退職代行「辞めるんです」の口コミ・料金・評判などをわかりやすく解説!

RETIRE(リタイア)の退職までの流れ

では実際にどのような流れで退職するのか、解説していきます。

  • STEP.1
    無料相談
    お電話またはメールにてお問い合わせされた方へ、現在の状況や退職に関するお考えを確認し、最適なサービスのご提案を行います。
  • STEP.2
    料金お支払
    無料相談後、退職代行サービスをご利用される方は料金をお支払い頂きます。
  • STEP.3
    サービス開始
    料金お支払い確認後、退職代行サービスを開始致します。
  • STEP.3
    退職完了
    退職後、健康保険証・社用品の返却や離職票などの書類の受領を経て退職完了となります。

RETIRE(リタイア)への質問

お客様

上司や会社から直接連絡が来ないようにできますか?
依頼者(=労働者)様のご希望により、雇用主(=会社)様に「ご依頼者への連絡はRETIREを介して行うよう」お伝え致します。しかし、ご依頼様に直接連絡しないよう強制することはできません。依頼者様に直接連絡する・しないは雇用主様の自由だからです。逆を言えば、依頼者様には雇用主様からの連絡を受ける・受けないを選択する自由があります。通常は雇用主様もいらぬ争いは避けるため、RETIREを介して連絡されることが大半ですが、稀に「退職代行業者を介して労働者と連絡はしない」と仰る雇用主様もいます。そういった場合、依頼者様も「退職代行業者を通じて連絡を行う」旨を内容証明郵便などで雇用主様に通知すれば良いかと考えます。

RETIRE(リタイア)

お客様

辞めるなら損害賠償請求すると会社に言われています。それでも退職できますか?
労働者様には「退職の自由」があり、退職することは労働者様の自由です。雇用主様から「辞めるなら損害賠償を請求する」と言われた場合、何についての損害なのかを明確に確認するべきです。労働基準法をはじめ法的には労働者様は手厚く保護されています。労働者様によほどの重責が無い場合、損害賠償請求そのものが不当となる場合が考えられます。不当な損害賠償請求の場合、退職意思を撤回させるための「脅し」である可能性が高いと考えられます。

梅田パートナーズ