退職代行サービスが急成長する背景は実は〇〇だった?

退職代行のインタビュー

当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら! 迷った方は以下から選べば間違いなし!
      
  1. 退職代行「SARABA」
    「辞めたい」と思ったその日に即日退社! 有給休暇の交渉も可能!
  2. 退職代行「男の退職代行」
    どこよりも確実に、どこよりもスピーディーに、男性の退職なら「男の退職代行」!
  3. 退職代行「わたしNEXT」
    そのストレスからすぐ解放。転職だけでなく、企業・独立の相談も可。女性の退職代行なら「わたしNEXT」

メディアで度々報道されるなど、何かと話題の退職代行サービスが急成長しているのはご存知でしょうか?
このような状態になったのはどのような背景があるのでしょうか。

実は労働者の7割が知らない退職時のルールとは?

退職届
日本の労働基準法では、労働者は退職の2週間前までに会社に対して退職することを伝えることで、いつでも自由に辞める権利があります。
しかも会社への意思表示は退職届を出すだけなので、難しい手続き等も必要がありません。
ではなぜ、退職代行サービスの相場は3万から5万円程度と安価では無いのにかかわらず、利用者代行サービスをわざわざ利用するのでしょうか?

参考記事:最短2週間で退職可!労働基準法・民法上のルールと退職手続きの流れ
https://hataraquest.com/labor-standards-law-retirement

退職代行需要のキーワードは意外にもブラック企業にあった!

ブラック企業
その一番大きな理由の一つが過度な引き留め行為。にあるといいます。
筆者も5年以上前になりますが大手企業に務めていた頃、退職の意思を伝えたところ、
過剰な引き止めにあいました、当時はブラック企業に対する世間の風潮も今と異なっており、不思議に思うこともありませんでしたが…
最近では表彰されるなど、ブラック企業という存在がより身近なものとなっております。

参考記事:18年版「ブラック企業大賞」発表 大賞は三菱電機 長時間労働が常態化、過労自殺が2件発生
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1812/23/news026.html#utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20181229-008&utm_term=zdn_mkt-bus_all&utm_content=rel2-1

2018年にテレビで炎上して話題に、サービスの認知が高まる

TVメディア
年末にはNHKのクローズアップ現代が退職代行サービスの先陣をきっていたEXITを取材していたり、
TBSのサンデー・ジャポンでゆきぽよ発言がネットで炎上していたことも記憶に新しいですが、
2020年も更に需要が高まっていく可能性が高いです。

なぜ広がる?「退職代行」サービス
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4217/

需要と供給バランスが絶妙な退職代行サービス

一度考えよう
総じて世間一般的なブラック企業にその傾向が顕著にみられるようですが、暴言を吐き、会社に残ることを強制する。はたまた泣き落としや引き継が終わらないから、賠償金を払えと脅したりと様々なアプローチで労働者を揺さぶるのです。
このような労働者に対する理不尽なブラック企業が存在する限り、退職代行サービスは成長を続けていくことでしょう。