【今すぐ仕事を辞めたい!】そう思った時にとるべき行動を紹介!

今すぐ辞める方法3選

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、29,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

休日出勤や夜勤、連勤前夜。ほとんどの人はこう思うでしょう…。

まゆみ

あ~仕事いきたくないなぁ…。でも頑張って出勤しないと…。

そう思って定年まで働くこと出来ますか?少なくとも私には難しいです。

そこで、【今すぐ仕事を辞めたい!】

と思ってこの記事を読んでいる方にオススメするとるべき行動を3つ紹介します!

退職する

退職願

働いていても「楽しくない」・「やりがいを感じることが出来ない」職場なら、会社を辞めて新しいフィールドで挑戦することをおすすめします。

事実、厚生労働省の調査によると、平成30年度の年間総実労働時間は1,769時間でした。

また、月間の総実労働時間は147.4時間となっておりました。

※「総実労働時間」とは・・・

 

「所定内労働時間」に、早出・残業・休日出勤等の「所定外労働時間」を加えたもの。

なお、パートタイマー等の労働者も含んだデータとなっている

このデータを参考に4年生大学を卒業する22歳から現在の定年退職の年齢65歳まで働くとすると

1769時間×43年=76,067時間

もの時間を仕事に費やすことになるのです。

1日は24時間なので、76,067時間だなんて想像を絶する長さですよね…。

そこまで長いを我慢の時間に費やすだなんてばかばかしくないですか?

今勇気を出して仕事を辞めることで、残りの長い人生今より有意義に送れることは間違いないでしょう!

「そんな長い時間を楽しくもなく、やりがいも感じることが出来ない環境で働くだなんてやってられない!」

「今すぐにでも仕事を辞めて、新しいことに挑戦したい!」

そんな方におすすめの即日退社することが出来る退職代行サービスを3社紹介します。

即日退社出来る退職代行サービス

サービス

ニコイチ

退職代行 ニコイチ詳細を見る

SARABA

退職代行 SARABA詳細を見る

ガーディアン

退職代行 おすすめ SARABA詳細を見る

料金(正社員)27,000円25,000円29,800円
料金
(アルバイト)
27,000円25,000円29,800円
公式HP

申し込む

申し込む

申し込む

 

こちらは50社以上ある退職代行サービスの中から厳選したおすすめ退職代行サービスになります。

少なくともこの3社であれば上記にあるようなトラブルに遭うこともなく、ましてや後悔することなど絶対にありません。

しかし「それでもまだ不安」という方は、是非ともこの退職代行診断を受けてみて下さい。

この優良退職代行サービス3社よりあなたに最適なサービスを見つけられるかもしれません。

退職代行診断 | あなたに合う退職代行サービスが見つかる!

有休を使う

日々の仕事へ対するプレッシャーやストレスから【今すぐ会社を辞めたい】と思っている方は、一度有休を使ってみてはいかがでしょうか。

有休日を決めることで仕事へ対するモチベーションも上がりますし、有休中は仕事のことを忘れてリフレッシュすることが出来ます。

しかし、中には有休を自由に取らしてくれない会社もあります。

特に、コロナウイルスやインフルエンザ等の伝染病が流行っている時期の看護婦さんや、従業員数の少ないベンチャー企業や中小企業の社員、飲食店で働いている店長さんなどは難しい傾向にあります。

このように、有休を自由にとらしてくれない職場で働いている方は、退職代行サービスを利用することを視野に入れてもいいかもしれませんね。

退職代行ニコイチってどう?口コミからわかる特徴を徹底解説!

友人や親族に相談してみる

ショボーン

自分が心を開いている友人や親族に相談してみるのも手段の一つでしょう。

勿論、インターネットの口コミや質問箱、情報を参考にするのも大事です。

しかし、これを読んでいるあなたの友人や親族は、誰よりもあなたのことを心配して真摯になって相談に乗ってくれるはずです。

一度相談してみて、もう少し仕事を頑張ってみるか仕事を辞めて新しいことに挑戦するか決めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

退職代行 拒否 キャンセル

【今すぐに仕事を辞めたい!】と思った時に取るべき行動は

  1. 仕事を辞める
  2. 有休を使う
  3. 友人や親族に相談する

の3つとなります。

現状を変えるためには勇気ある行動が必要になってきます。

残り長い人生を悔いなく生きるために最善の判断をしていきましょう。