退職代行がバレるきっかけとは?バレないための対処法を紹介!

退職代行 バレる

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、29,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

まゆみ

退職代行使いたいけど、親にバレないか不安…
連絡行かないか不安になりますよね、でも対策をすればバレることはまずないので安心してください。

まさ所長

退職代行サービスは退職の意思を伝えると共に、会社に利用者本人や利用者の親に連絡を取らないようにお願いしてくれます。そして基本的に会社とのやり取りは全てサービス側が行ってくれるため連絡を取る機会はありません。

それもあり、本人やその家族に連絡が行く可能性は限りなく低いです。しかし、この「お願い」には法的強制力が無いため、親に連絡が行きバレる可能性は0ではないんです。

そこでこの記事ではどうしても親に退職代行の利用をバレたくないという方のために対処法を解説していきます。まずはそもそも退職代行を使うと親に連絡が行く可能性の高い、例外的ケースから説明していきます。

例外的にバレやすい人

ここで紹介するケースは対策が難しいため、例外的に親にバレるリスクが高いケースです。

当てはまらない方は問題ないので安心してください。

会社側と親が連絡を取ったことがある

通常、会社と親が直接連絡を取ることはありません。ですが特殊な事情やトラブルなどが原因で会社と親が連絡を取り合っている場合には少しリスクがあることを覚悟しましょう。

退職代行サービスから連絡をしないようにお願いするとは言え、一度連絡を取った以上、ご両親に挨拶しておかないと失礼に当たると思い連絡してしまうことが考えられます。事前に会社と親の間につながりがあるケースは対策ができないので、ある程度のリスクを受け入れることが必要です。

親と同じ業界で働いている

これも対策ができない例外です。親と利用者が同じ業界、しかもその業界が狭いほど、利用者が退職した情報が親まで回ってしまう可能性が高いです。この場合もまた、親にバレるリスクは覚悟しておく必要があります。

ここからはバレるリスクを高める、やってはいけないNG行動を紹介していきます。これさえ回避できれば親にバレるリスクは限りなく低く抑えることができます。

親に退職代行利用がバレるNG行動

再度になりますが、退職代行サービスにできるのは「お願い」であって強制させることはできません。なので、利用者自身が自分でバレるリスクを抑えるための対策をする必要があります。

それがこれから紹介するNG行動です。今から紹介するNG行動を避ければ親にバレるリスクはかなり低くなるはずです。

①親の住む家に書類が郵送される

退職代行 バレる 荷物郵送

親と同居していて、その家に退職届などの退職書類を郵送するのはNGです。タイミングによっては親がその書類を受け取り中身を見てしまう可能性があるからです。

別の住所に指定して自分で取りに行くなどして回避しましょう。親のいない時間帯に郵送を指定できればベストですが難しいと思います。

もし別の住所に指定できない場合は郵送する前に自分で会社まで取りに行ってもいいと思います。

退職 必要書類 退職代行退職するときに必要な書類はなに?退職代行は助けてくれるの?

②会社や上司からの連絡先を自分の携帯のみにしていない

退職代行 バレる 電話

これが一番重要です。先ほど伝えた通り、退職代行サービスはお願いしかできません。それを頼りにして会社との連絡を丸投げするのは少し危険です。

最悪のケースを想定して、会社・上司から連絡が来た時は自分の携帯で取るようにしましょう。

対策としてやるべきことは2つです。

まず、家の固定電話で会社、上司の番号を着信拒否に設定しておきましょう。

2つ目は自分の携帯に連絡が来たらすぐに返事をすることです。連絡を無視し続けているともしかしたら親に連絡が行く可能性があります。自分の携帯で返事をしている内は親に連絡は取らないはずです。

Twitter人 アイコン

ぱるんこ@Uber配達員

@Uber00442716

やばいー!ママに前の職場、退職代行に頼んだのバレた

 

Twitter人 アイコン

pool

@pool17760356

退職代行、家族にバレる事なく辞められる。上司が家に来る事は今までで一度もない、
連絡は一切とらなくていい。
と言われたのに、当日中に上司が家に来て親にバレた。
これって失敗だよね…?返金してほしい。なんの意味もない。
弁護士がついてるところにしたけど。

実際にこういう例もあるので、本気で親にバレたくない方は自分でも対策をしておくべきです。

③第三者に退職代行の利用を伝える

退職代行 バレる 話す

最後に、やみくもに第三者に退職代行を利用したことを広めるのはやめておきましょう。特にSNSは友達、知り合い伝いに情報が広がりやすいですし、中には子どもの発言を監視している親もいます。

特に理由が無いなら、退職代行の利用は1ヵ月ほど伏せておきましょう。第三者に伝えてもメリットはありません。

実名アカウントの場合はより一層、発言を控えることをおすすめします。

まとめ

まとめると、余計なことをしないで親に連絡が行かないようにしっかり対策をしておけば退職代行の利用が親にバレる可能性はほぼ0です。

注意点をまとめると以下の通りです。

  • 親のいる家に書類等を郵送しない
  • 固定電話などは着信拒否に設定
  • もし連絡が来たらすぐに返事をする
  • 退職代行を利用したことを周りに話さない

上記を注意しておけば、親にバレるリスクを最大限減らせるはずです。