新卒だけど転職したい人必見!成功術とベストタイミングを公開

新卒だけど転職したい人必見!成功術とベストタイミングを公開

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、20,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

新卒で入社したものの、

「毎日仕事が辛くて辞めたい。」

「入社後のギャップで今後この会社でやっていけるか不安、、。」

「新卒で転職をするのは難しいのかな、、。」

などと悩んでいませんか?

この記事では、新卒の早いうちから「転職をしたい!」と思っている方の悩みを解決していきます。

入社したばかりで言いずらい会社の辞め方、新卒の転職活動、転職のベストタイミングまでご紹介していきますので、仕事を変えたくて思い詰めている新入社員のみなさん是非参考にしてみてください!

新卒一年目の転職ってアリ?

新卒一年目の転職ってアリ?

過酷な就職活動を勝ち抜いて期待を胸に入社。
実際に働いてみるとやりたかった仕事ができない、残業三昧、人間関係、ハラスメント地獄、入社後ギャップなどで辞めたい新卒の方も少なくないはず、、、。
しかし、「一年目で会社を辞めるのって、、。」「一年目の転職は難しい」などと悩み、退職や転職を踏みとどまる方もいますよね。実際、新卒一年目の転職は可能なのでしょうか?

答えは、もちろん新卒一年目での転職はアリです!

ずっと我慢してズルズルと会社に残り続ける必要もないですが、思い立ったらすぐ辞めるのも危険です!辞めたい、転職したいと思ったら計画的にしっかり対策をする事で新卒一年目でも厳しいものではありません。若年層(第二新卒)の採用を積極的に行っている企業も多くあるので、セカンドキャリアを成功させるチャンスがあります!

第二新卒としての転職活動

第二新卒は、新卒一年目から三年目以内で会社を退職して、転職活動を行う方のことを指します。似た言葉に「既卒」がありますが、既卒は学校を卒業後、就労経験がない方のことを指します。短い間でも社会人として就労経験の新卒一年目の方は「第二新卒」としての採用枠になります。

実際、第二新卒の採用は積極的に行われています!昨今は、新卒採用競争が激化していて、予定していた採用人数を満たせない企業や、急速な事業成長や新規事業の拡大によって、早く優秀な人材を採用したい企業が多く存在します。そういった企業は、ポテンシャルや将来に期待して第二新卒といった若手社員を対象に積極的に採用を行っています。また、第二新卒枠では未経験者歓迎の求人もあるので業界や職種を変えやすいという特徴もあります。

そして第二新卒の場合、短期間であるとはいえ社会人経験があります。最初に入社した会社でビジネスの基礎を身につけていることから、導入研修が不要であるという点で、新卒より第二新卒を求める企業も多く見られます。そのため、第二新卒は企業から一定のニーズがあると言えるので、転職のチャンスは豊富です!

新卒一年目で転職する時の注意点

・社会人経験の少なさ

第二新卒ではビジネスマナーや社会人基礎力などのある程度のスキルを求められることが多くあります。そのため、入社して数か月の転職は、転職志望先の企業からは評価されずらくなってしまいます。そして、転職活動の際に履歴書とは別に職務経歴書なども求められますが、その際自分のした仕事の経験・実績がなければ書くことが難しいです。

・ストレス耐性が低いという印象を与える

入社して間もない退社や転職活動だと、「何かあればすぐ退職してしまうのでは」というストレス耐性が低い印象を与えてしまいます。どのような企業でも、モチベーションの高い方、積極的に物事に取り組むことができる方を採用したいと考えていますよね。そのため、職歴が短いという点を不安に感じて、敬遠する企業が多い傾向にあります。そのマイナスなイメージを少しでもプラスに変えるためにも前職の退職理由も重要になってきますね。

新卒の転職活動のポイント

なやむ1まゆみ

新卒一年目の転職はアリとはいえ、難しいみたいで不安、、、
実は私、新卒で入社した会社を2ヶ月で辞めて苦労したのでそれを踏まえてポイントを説明しますね。

まさ顔1まさ所長

新卒の転職で失敗するのはこんな人!

・退職理由を上司や同期、会社のせいにしている

新卒で入社した会社をスピード退社してしまったというストレス耐性が低いという印象だけでなく、退社理由がネガティブであったり、他責することはマイナスイメージを悪化させる要因になってしまいます。

・目標意識がない

「すぐにこの会社を辞めたい」という思いだけで退職してしまっては路頭に迷ってしまいます。自分のやりたいことも明確にしないままの転職は、転職活動の際の軸や志望動機もまとまらず、ぶれてしまいます。

・転職先もなく後先考えずに退職した

後先考えず、「会社を辞めてから転職先を探せばいいや」という考え方は危険です!お金も時間も無駄にするだけでなく、転職活動も難航するリスクが高まります。本当に若さと勢いという言い訳は後で痛い目に、、。

・転職先企業をリサーチを行わなかった

とにかく今の仕事を辞めたくて、何も調べずに選んだ転職先がまた自分と合わない会社であったら元も子もありませんよね。入社前に入念にリサーチを行うことで、同じ失敗をするリスクを防ぎましょう。

新卒の転職活動成功のコツ

・まずは自分自身を知ること!

自分がなぜこの仕事から他の仕事に変えようとしているのか、今後何をしていきたいのかなど自己分析をたくさんしましょう。そうすると、転職先を選びの成功への近道になります!

・知らない仕事を調べる!

世の中には様々な仕事があります。自分にピッタリの仕事があるはずなのに出会えていないのはもったいないです!ハローワークや転職エージェントの力を借りてでもたくさんの仕事を知る必要があります。自分の働きたい理想に近い仕事を探してみましょう。

・ポジティブな転職理由を!

何度も言いますが、新卒の転職は「すぐに辞めてしまう」という良くないイメージが非常に強いです。そのイメージを払拭するためにも前向きな姿勢をアピールできるような転職理由が必須です。

新卒一年目の転職活動の手順

新卒一年目の転職活動の手順

転職したいと思った新卒の方の転職活動の手順を紹介します!先ほど述べた転職活動の成功のコツと合わせて、この手順も是非参考にしてみてください。

  • STEP.1
    事前準備
    「転職したい」と思ったらまず、事前準備から始めましょう。

    事前準備で行うことは自己分析です。転職目的の整理、転職の軸設定、スキルやキャリア、実績の書き出し、強みの洗い出し、転職志望先の企業の情報収集、企業研究を行いましょう。そうすることで、本当に自分が転職すべきかどうか、どんな仕事がしたいかなど自分自身と向き合う良いきっかけになります。また、条件に合う求人募集があれば直ぐに応募できるようになります。

    第二新卒を募集している企業は自力で探すだけでなく、近くのハローワークや転職エージェントに相談して探してみるのも良いでしょう。

  • STEP.2
    書類作成
    気になる企業を見つけたら、履歴書や職務経歴書などの資料を作成してきましょう。第二新卒は新卒採用よりも採用倍率が高い企業もしばしば。書類選考を突破するためにも魅力的な書類作成が重要になってきます。

  • STEP.3
    転職志望先企業への応募
    書類の準備ができたら、応募してみましょう。ですがその前に書類に不備がないかどうかの確認を家族や友人、または転職エージェントの方に添削してもらうのも一つの方法ですね!

    志望度の高い企業以外にも万が一を考えて応募しておくことで、安心に繋がると思うのでいくつかの企業に応募してみましょう。

  • STEP.4
    面接練習・面接
    書類選考に通過したら、次に待っているのが「面接」です!書類だけでは伝わらない自身の魅力や強みをアピールするチャンスです。面接に向けて入念な面接準備・練習をしましょう。企業研究、よく聞かれる質問、自己分析、志望動機、スキル・経験・実績、逆質問など、なにを聞かれても完璧に答えられるように準備をが大切です。そして、実際の面接を想定した練習も家族や友人、転職エージェントの方に模擬面接官になってもらい、たくさん練習しましょう。

  • STEP.5
    内定獲得!退職、転職準備
    晴れて内定をもらうことが出来た場合、内定先の企業への入社意思をきちんと伝えましょう。内定承諾後は、今いる会社に退職の意思を伝え、退職日までの間に退職手続きや仕事の引継ぎを行います。

第二新卒でも転職活動を成功させるためにもしっかりとした事前準備や対策が必要です!

新卒で転職するベストタイミング

新卒で転職するベストタイミング

転職に適した転職活動を開始すべきタイミングは

10月入社を目指した7月頃、もしくは、4月入社を目指した1月頃の転職活動スタートが理想です!

10月入社は8~9月あたりに第二新卒や中途採用の求人広告の掲載が増える時期なので、そこを狙って転職活動を行う方が多いため、年齢も経歴も様々な同期に出会える可能性が高いでしょう。同年代ではない人と同期として働くことは不安を感じるかもしれませんが、自分の視野を広げるチャンスになりますね!また、10月入社だとじっくり研修を受ける機会がないかもしれませんが、実際の業務にすぐに取り掛かることが出来るチャンスと受け取ることもできます!早く仕事を始めたいという方にとっておすすめのタイミングです。

4月入社はどこの会社でも新入社員が多く入社する時期です。4月であれば次の新卒と同じタイミングで研修を受けることができるため手厚いフォローを受けることができるでしょう。また、一緒にスタートする同期の人数も多いのでとても心強いです!

もちろん、通年採用も行っている会社もあるので年間を通して転職は可能ですが、最近では、春採用・秋採用の2種に分けてている企業も多いのでやはり10月入社・4月入社を目指して転職活動を行うのがベストと言えます。

新卒で会社を辞める時の辞め方

新卒で会社を辞める時の辞め方

先ほど、転職の手順を紹介しましたが、今いる会社を辞めなければ転職先の企業に入社することはできません。しかし、新卒一年目では入社したばかりで中々退職の意思を伝えづらいですよね。

だからといって、会社をバックレることは社会人には許されません。言い出せずせっかく決まった転職先企業に迷惑をかける結果になってしまっては努力が水の泡です。

直接上司に退職意思を伝えるのが一番ですが、
「一年目だから言い出しづらい」や「これ以上この過酷な職場に耐えられない」と思っている方も多いと思います。そんな新卒一年目の方におすすめしたいのが退職代行サービスです!

退職代行サービスの中には転職後のサポートが手厚いサービスであったり、転職エージェントと提携しているサービスもあります。転職先を見つけるより先に今の会社を辞めたいと思っている方は是非、退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ここでは転職サポートの充実した退職代行サービスを3つ紹介します。是非、退職意思を伝えられる自信がない新卒の方は参考にしてみてください!

①ニコイチ

ニコイチ

退職代行業界No.1!100%の成功率を誇り、年間約10,000人以上の退職に成功!

ニコイチでは、業界最安値27,000円どんな職種でも追加料金一切なしで退職をサポート!全額返金保証もあり、有休消化退職の悩みを患いたくない方、退職手続きの丸投げOKです!全国対応で、綿密な打ち合わせで納得した上で退職しましょう!退職後2か月間のアフターフォローも実施!ニコイチでポジティブに退職しませんか?

料金(正社員)27,000円料金(アルバイト)27,000円
クレジット決済LINE相談
オプション費用追加費用無し全額返金保証
対応時間24時間365日おすすめ度★★★★★

②SARABA

SARABA

「もうこんな仕事おさらばだ!」24時間どんな職種でも即日対応!

SARABAでは、どんな職種でもどんなにたくさん相談や電話をしても25,000円で全ての手続きが可能!24h相談や電話も無制限!会社に顔を見せることもなく即日退職ができます。労働組合であるため交渉も可能!退職できなかった場合の全額返金保証あり!無料転職サポートもついているため、ネクストキャリア探しも心配不要!退職日や有休消化などの相談も受付!スパッと今の仕事を辞めて、次の自分の未来に向かいませんか?

料金(正社員)25,000円料金(アルバイト)25,000円
クレジット決済LINE相談
オプション費用追加費用無し全額返金保証
対応時間24時間365日おすすめ度★★★★

③EXIT

EXIT

料金
(正社員)
50,000円料金
(アルバイト)
30,000円
クレジット
決済
LINE相談
オプション
費用
追加費用無し全額返金
保証
対応時間24時間
365日
おすすめ度★★★

会社からの非常口!EXITの即日対応でスピード退社!

EXITはメディア掲載NO.1の退職代行サービスを提供!正社員は50,000円、パート・アルバイトは30,000円で退職可能!

EXITは未経験からのキャリアチェンジに強い転職サポート会社「ワークポート」と提携!
条件によっては、全額キャッシュバックの可能性あり!

もしネクストキャリアで困ってもEXITの再依頼で代行料金1万円引きで可能!
退職と転職を同時に進めたい方はEXITがおすすめです!

メディア掲載業界実績No.1!転職サポート会社とも連携! 詳細はこちら 申し込む

もちろん、直接上司に退職意思を伝えることがより良いとされているので、可能な方は直接上司に伝えましょう。こちらの記事では、退職意思の切り出し方について解説しているので、是非参考にして退職意思を伝えてみて下さい!

新卒 退職 伝え方 切り出し方新卒で退職する為の上司への伝え方・切り出し方を徹底解説!

まとめ

新卒一年目の転職はもちろんできますし、必ずしも不利になるということはありません!

しかし、後先何も考えずにノリと勢いの転職はとても危険です。今いる会社を辞めて転職したいと思ったら、自己分析、企業研究をきちんとしましょう。若い世代の即戦力を求めている企業はたくさんあります。新卒で転職を考えているみなさん、セカンドキャリアを成功させましょう!