試用期間中の即日退職は罰金?今すぐ確実に辞める方法を解説

試用期間中 即日退職 罰金

【あなたに最適な退職代行を診断します!】
当サイトおすすめの退職代行サービスTOP3はこちら!
退職代行 ニコイチ 1.退職代行「ニコイチ」
業界No.1、20,000人以上の退職実績アリ!退職成功率100%

退職代行 SARABA 2.退職代行「SARABA」
辞めたいと思ったら即日退社! 有給休暇の交渉も可能!

退職代行 jobs 3.退職代行「Jobs」
顧問弁護士指導の適正業務!退職代行Jobsで円満退職!

go home

結論から述べますと、試用期間中であっても退職することは法的にも可能です。また、正しい手段であれば即日退職も可能です。

しかし、条件やその方法は注意が必要で、間違った対応を取るとトラブルになったり今後のキャリアに悪影響を与えたりと逆にストレスを抱える結果になりかねません。

以下で説明する最低限の法律や就業規則などをしっかり確認したうえで、退職の準備をしましょう。

💡この記事で分かること

 

★退職方法の種類

★試用期間中の即日退職は損害賠償になるか

★試用期間中でもストレスなく即日退職する方法

 

そもそも試用期間とは

training

配属先を決定する前に能力や適性を見極めることを目的とし、新人研修の期間として設けられることが一般的です。

試用期間について、法律では試用の義務や期間はどの条文にもありません。したがって、試用期間であっても通常の社員と同じように労働基準法や最低賃金法が適応されます。

よく試用期間を「本契約をするかどうかのテスト期間」と説明する会社がありますが、試用期間であっても労働契約の履行は開始しているため、退職や解雇も通常と同様の手続きを踏まなければなりません。

試用期間はいつまで?

calendar

前述の通り、試用期間は法律で定められていません。会社が任意で設定するもので、2ヵ月~6ヶ月程度が標準的な期間となります。

試用期間中に会社を辞めるには

「会社を辞める」という行為は3つのパターンに分けられます。

taisyoku_pattern

合意退職の申入れ

「合意退職の申入れ」とは、労働者側の申し入れに対し、会社側が承諾した上で退職する方法です。

大抵の企業は就業規則によって2週間よりも長い期間(1ヶ月や3ヵ月など)を申し入れ日として設けていますが、会社が承諾さえすれば当日にでも退職することは可能です。

上手くいけば一番トラブルを起こさずに退職できる手段ですが、将来性や人材不足等を理由に足止めを喰らい、なかなか穏便にいかないことも多いのが実情です。

また、就業規則に則って退職する場合は辞めるまでの期間が長くなってしまうため、周りからの視線や扱いに苦痛を感じることも少なくないでしょう。

辞職

会社側の承諾の有無に関わらず、労働者の意思のみで退職する方法です。

法律では契約終了の期限がない正社員いつでも解約の申し入れをすることが認められており、この権利は試用期間中にも適応されます。

会社側が承諾しない場合でも、退職を予告した日から2週間経過すれば自動的に退職が成立します。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

解雇

辞職が労働者の一方的な意思表示なのに対し、会社側から一方的に退職を言い渡されるのが「解雇」です。法律上、試用期間中の14日以内は解雇予告や手当の支払いをしなくても良いとされていますが、通常の労働者と同様に正当な理由がなければ解雇することは出来ません。

また、倒産などの会社都合にも関わらず自己都合の退職を要求されるケースもあります。転職時に不利になったり失業手当の金額や期間に大きな差が出たりするので、必ず断りましょう。

2週間も待たずに辞職できる?

やむを得ない事由がある場合は2週間の経過を待たずに退職することが可能です。どのような状況であれば「やむを得ない事由」になるのかという点は明記されていませんが、過去の事例では病気やケガ、育児や介護はもちろんのこと、長時間労働やハラスメントも含まれるなど、ある程度広く許容されます。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
民法628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

さて、ここで気になるのが上記法律の「その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。」という文言です。

即日退職したら罰金?

基本的に退職における労働者の罰金は発生しません。法律において労働契約の不履行における違約金や損害賠償を求めてはいけないと定められています。仮に損害賠償を要求されたとしても、弁護士や裁判を通せば無効とされる場合がほとんどです。

賠償予定の禁止
労働基準法第16条
使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

確実に即日退職したいなら

法律上でも試用期間中の退職は問題ないことが分かりました。しかし、試用期間中ということで上司に伝えにくかったり、伝えても反対され気まずくなってしまうことが多いのも事実です。

会社や当事者自身が法律を理解していない場合や人間関係をこじらせたくない場合は、知識と実績のある退職代行を頼るのが最も有効です。弁護士監修の確実な交渉に加えて退職後の転職サポートも受けられ、安心して退職することが出来ます。

転職は本来次のステップへ進むためのものなので、余計なストレスは抱えずにその後の生活の準備を進めるのが効率的です。退職が完全に終了するまで追加料金もかからず、全額返金も可能なので転職に悩むなら一度利用してみるのをお勧めします。

退職代行ニコイチの体験談・口コミ・評判を詳しく解説!【業界No.1の実績!】